薬剤師の職場 薬剤師の職場

「血管年齢」「物忘れチェック」患者さんの心をつかむ桶川ロイヤル薬局の健康フェア

健康情報拠点として認知され、地域のかかりつけ薬局としての役割を担うことへと繋げるために有用な「健康フェア」。それぞれの地域、また薬局そのものの特性などにより、さまざまな取り組みが行われています。その中から今回は総合病院の門前薬局として信頼を集める「桶川ロイヤル薬局」の企画をご紹介します。

 

※本記事は株式会社ネクスウェイが提供する「医薬情報おまとめ便サービス」特集2017年8月号P.7-8「全国各地で開催される健康フェアの取り組みをご紹介~桶川ロイヤル薬局」を再構成したものです。

お話を聞いたのは……桶川ロイヤル薬局(埼玉県桶川市)
 

住所/埼玉県桶川市坂田1736-3
桶川ロイヤル薬局ウェブサイト(株式会社ファーマみらい)
https://www.phmirai.co.jp/shops/detail.php?id=120
※営業時間、定休日などの最新情報はウェブサイトよりご確認ください。

総合病院の門前薬局として信頼を集める

Q.桶川ロイヤル薬局では、どのような理由から健康フェアを始められたのでしょうか?

A.患者さんや地域の方の健康に貢献できる薬局を目指して

日頃ご利用いただいている患者さんへの感謝の気持ちとして、普段できないことをご提供したいと思って始めました。患者さんだけでなく処方箋のない方にもご来局いただき、地域の健康に貢献できる開かれた薬局を目指しています。当薬局は総合病院の正面に位置する門前薬局で、常勤の薬剤師が11名在籍しており、管理栄養士が月2回派遣されています。病院に小児科がないこともあり中高年の患者さんがメインですが、今後は子育て世代のようにご自分の健康ケアが後回しになりがちな方々のサポートもしていきたいと考えています。ですから、今回はファミリーマンションを中心にポスティングを行いました。スタッフ全員で手分けをし、チラシづくりやポスティングの担当エリアを分担したり…在宅の際にもチラシを配ったりしましたね。

 

薬局長 阿部祐美先生

Q.健康フェアの準備やテーマの設置はどのように行っているのでしょうか?

A.病気になる前から健康状態を把握していただく契機とするために

 

基本は「血管年齢」「骨の健康」「HbA1C」の測定と「栄養相談」の4項目です。毎回これをベースとして、季節に合わせたテーマをプラスするようにしています。例えば、今回はビールを飲む機会が増える夏目前の季節ということでアルコールパッチテストを追加しました。これまでも、熱中症対策に関する講演やOS-1の試飲会、秋の運動会シーズンには筋力テストなどを実施してきました。毎回テーマは開催日の3ヵ月前くらいから考え始め、約2ヵ月前にはPRチラシを配布しています。現在、開催は5月と1 0月の年2回で、今回で4回目になりますが、皆さんには病気になる前から健康状態を把握する機会として活用して欲しいと思っています。

 

 

Q.継続することで見えてきた変化や効果、また今後の展望などをお聞かせください。

A.スタッフの意識改善とともに、かかりつけの需妻が向上

 

これまでは、薬剤師はカウンターの中で患者さんを待っているだけでした。ですが、今の患者さんは健康意識が高く、ご自身で情報を調べて来られるので、私たちも食事や運動など薬以外の知識を身につける必要に迫られています。必然的に自主性をもって業務に臨むようになりましたね。お陰様で、最近では総合病院の門前薬局としては珍しく、かかりつけ薬局・薬剤師を希望していただくことが増えてきています。今後は体操教室や介護予防教室なども行っていきたいですね。当薬局のスタッフたちは排泄ケアの講習会を受講し、高齢者の尿漏れやおむつの着脱などにも精通していますのできっとお役に立てると思っています。

 

栄養相談もしっかりと

 

<「桶川ロイヤル薬局」で開催された健康フェアの内容を見てみましょう>

外来と健康フェアで対応スタッフを分け、よりスムーズな運営を実現。「血管年齢」「骨の健康」「物忘れチェック」「栄養相談」は無料で、「HbA1C」の測定のみ1回500円。各機器の測定ごとに結果を見ながらアドバイスや受診勧奨を実施。アンケート用紙に記入された希望に沿って検査を行っています。(2017.5.29・30開催)

 

■物忘れチェック

15点満点の診断テストに答えていく物忘れチェック。簡単にゲーム感覚で試せるため毎回人気の項目。極端に点数の低い方には医師の診断をすすめることも。

■骨の健康測定

年齢ごとの平均値に対して、どのくらいの骨の強さがあるかを推定する骨の健康測定。中高年ほど関心が高まる項目の1つ。

■アルコールパッチテスト

これからお酒を飲む機会が増える季節ということで 、アルコール耐性における強弱を3つのタイプで判定できるパッチテストも開催。

■栄養相談

3名の管理栄養士による栄養相談。特に市の健康診断の後などは具体的なアドバイスを求める方々が増加。日常的にも需要が増え、管理栄養士の派遣は月に1度から2度に。

■参加者全員に! お土産セット

記入していただいたアンケートと引き換えでお渡ししている、豪華なお土産セット。各メーカーさんから支給されるサプリメントや健康食品などをスタッフが詰め合わせ、参加者1人1人に配布しています。お渡しした中のサンプルを気に入っていただいて、後日購入にくる方もいるとのこと。参加者からの要望も反映させ、より気に入っていただけるセットにバージョンアップしながら、コストをかけずに効率的に集客へつなげています。

<参加者の声>

チラシを見て初めて参加。血管年齢も良好でしたが肌年齢が若かったのが一番うれしかった。足が悪く、70歳を過ぎると健康診断で骨密度が測れないのでここでできるようになると良いですね。

何度か参加していて、今回も一通りの測定を受けました。食事量やトレーニングの目安などがもう少し具体的に分かるとうれしいですね。

年齢を基準に結果が見られるのが楽しい。今は食事に制限があるので栄養相談は有り難いです。HbA1Cが500円で測れるなら良いと思いました。今後は視力検査もお願いしたいかな。

 

出典:株式会社ネクスウェイ「医薬情報おまとめ便サービス」特集2017年8月号

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト