医療

【21年版MR白書】MR総数が7年連続で減少~3000人超える過去最大幅

薬+読 編集部からのコメント

MR認定センターがまとめた「2021年版MR白書」によりますと、2021年3月末時点のMR総数は前年比3572人減の5万3586人となり、3年連続で過去最大の減少幅となったことが判明しました。3000人を超える大幅減少となっており、7年連続でMR数の落ち込みに歯止めがかからない厳しい状況が続いています。一方、薬剤師のMRは、279人増の5276人と増加に転じています。MR総数に占める薬剤師MRの比率は1.1ポイント増の9.8%となっています。

今年3月末時点のMR総数は前年比3572人減の5万3586人となり、3年連続で過去最大の減少幅となったことが、MR認定センターがまとめた「2021年版MR白書」で明らかになった。3000人を超える大幅な減少となり、7年連続でMR数の落ち込みに歯止めがかからない厳しい状況が続いている。減少したMR数のうち、MR雇用規模が1000人以上の企業のMRが約半数以上を占めたが、「500~999人」の企業が1599人減と前年から大きく減らしており、中堅製薬企業での落ち込みが目立った。

 

MR総数は、13年度の6万5752人をピークに、14年度が1095人減、15年度が522人減、16年度が950人減、17年度が752人減、18年度が2533人減、19年度が2742人減となっており、20年度は過去最大の3572人減と前年度に比べてさらに落ち込みが大きくなり、7年連続の減少となった。

 

認定取得者は3603人減の5万2455人で、MR認定証取得率は97.9%とわずかに減少した。管理職(マネジャー)数も469人減の8248人と前年の増加から減少に転じた。

 

MR雇用規模別のMR数は「99人以下」が40人減、「100~299人」が96人増、「300~499人」が60人減、「500~999人」が1599人減と前年から大きく減らしており、「1000人以上」の大企業も1969人減と356人減少した。引き続き大手製薬企業で減少が大きかったが、特に中堅企業でのMR数の落ち込みが目立った。

 

企業別に見ると、内資系企業が1962人減の3万1501人と減少幅が最も大きく、次いで外資系企業が1610人減の1万8101人、卸が6人減の61人、CSOは6人増の3923人となった。

 

薬剤師のMRは、279人増の5276人と増加に転じた。MR総数に占める薬剤師MRの比率は1.1ポイント増の9.8%となった。

 

MRの新卒採用を行った企業は前年から2社減の83社。そのうち、内資系企業が69社、外資系企業が13社となり、新卒採用を行った企業数比率41.7%と前年度から0.8%減少した。中途採用した企業は113社で前年度から8.2%の減少に転じた。

 

一方、MRの継続教育について、集合研修の開催頻度は全体で「毎月1回以上」が127社(63.8%)と最も多く、倫理教育の実施については同行(上司、先輩等)が157社(78.9%)と最も多く、次いでケーススタディ(事例発表、ダイアローグ等)が121社(60.8%)となった。

 

  • 薬剤師のための休日転職相談会
  • 薬剤師の転職・求人・募集はマイナビ薬剤師/5年連続満足度NO.1

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト

出典:薬事日報

ページトップへ