薬剤師×マンガ

薬剤師×マンガ Vol.2 医者と患者のはざまで…薬剤師の疑義紹介とは

薬読で連載開始した大人気コミックは、病院で働く熱血薬剤師・葵みどりが奮闘する物語。第2回は薬剤師の疑義紹介がテーマ。薬剤師を悩ませる医師とのコミュニケーションや患者さんに寄り添う姿に注目です。

COLUMN

薬剤師って今後いらなくない――? そんな言葉から始まるマンガが、今薬剤師の間で大ブームなんです。薬剤師の将来が不安、仕事の壁、人間関係のストレスetc. 悩める薬剤師さんへ“マンガ”を読んで元気をもらいましょう!

Vol.2/医者と患者のはざまで…薬剤師の疑義紹介とは

「普通」のために(後編)
この患者さん何か隠しているかも…。患者さんの体調に疑問を感じるみどりは、自分なりに症状を調査してみようと決意。担当医師に血液検査を依頼するのだが——。患者のために奔走するみどりの熱血ぶりに注目です!

※画面をクリックし左へスライドしてページをめくってください。

『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』とは?

STORY

アンサング(称賛されない)シンデレラ、薬剤師を描いたマンガ。
おだんごヘアがトレードマーク、駆け出しの薬剤師・葵みどりが、様々な壁にぶつかりながらも、熱く、誠実に医療と向き合う姿を描いた人間ドラマ。「月刊コミックゼノン」で連載中。単行本1巻が徳間書店から発売中。2巻は4月に発売。

作者

荒井ママレ(あらい ままれ)
著作に『おもいでだま』(月刊!スピリッツ/小学館)、『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(ビッグコミックスピリッツ/小学館)がある。

医療原案

富野浩充(とみの ひろみつ)
現役の病院薬剤師として勤務する傍ら、日経メディカルなどで記事を執筆している。

マンガほっと 毎日読めるマンガアプリ

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト