薬情報

セファゾリン11月25日より供給再開、2020年1月から通常出荷へ~日医工

薬+読 編集部からのコメント

海外原薬製造企業のトラブルによって供給停止となっていた「セファゾリンナトリウム注射用『日医工』」の供給が再開されることとなりました。製造元の日医工は再発防止策として「安全供給体制の確立に向けて原薬の複数化、原材料である出発物質の複数化についても取り組んでいる」としています。11月25日より段階的に供給が再開される見込みです。

出荷が停止している抗菌薬「セファゾリンナトリウム注射用『日医工』」について製薬企業の日医工は、11月25日より段階的に供給を再開することを明らかにした。2020年1月からは通常出荷を予定しているという。同社が10月23日に発表した。

 

周術期管理などに用いられるセファゾリンを巡っては、海外原薬製造企業のトラブルで、汎用規格で国内シェアの6割を占める同社製品の供給が停止。需要が急騰した代替抗菌薬も連鎖的に出荷調整となる事態に陥っていた。

 

同社は再発防止策として、「安定供給体制の確立に向けて原薬の複数化、原材料である出発物質の複数化についても取り組んでいる」としている。また、製剤工程の国内での一貫生産体制を確立するために「(同社静岡工場に)追加の設備投資を行う予定」だという。

 

>>>薬剤師から転身する人多数! 治験業界転職ナビ

  • 薬剤師のための休日転職相談会
  • 薬剤師の転職・求人・募集はマイナビ薬剤師/5年連続満足度NO.1

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト

出典:Web医事新報

ページトップへ