新規会員登録(無料)
創薬・臨床試験

RNAi薬を共同開発~新型コロナウイルス標的

薬+読 編集部からのコメント

現在、慢性B型肝炎ウイルス(HBV)感染症に対する新規RNAi治療薬を共同開発中である米アルナイラムと米ヴィル・バイオテクノロジーは、新型コロナウイルスの原因ウイルス「SARS-CoV-2」を標的とするRNAi治療薬の共同開発を開始しました。アルナイラムが保有する肺へ薬剤を送達させるsiRNA新規コンジュゲート技術と、ヴィルの感染症に対する知見などを組み合わせる相乗効果で、新型コロナウイルスと他のコロナウイルスによる感染症治療薬の開発を行います。

米アルナイラムと米ヴィル・バイオテクノロジーは、新型コロナウイルスの原因ウイルスである「SARS-CoV-2」を標的とするRNAi治療薬の共同開発を開始した。アルナイラムが保有する肺へ薬剤を送達させるsiRNA新規コンジュゲート技術と、ヴィルの感染症に対する知見などを組み合わせ、新型コロナウイルスと他のコロナウイルスによる感染症治療薬の開発を行う。2017年に両社で締結したライセンス契約を拡大するもので、最大6剤まで感染症に対する新規siRNA治療薬の開発を目指す。

 

今回の共同開発では、アルナイラムが設計・合成してきた「SARS-CoV」と「SARS-CoV-2」の遺伝子を標的とする350以上のSiRNAのスクリーニングを実施する。その中で有力な候補薬については、ヴィルが抗ウイルス作用を評価し、開発候補治療薬の選定を行う。開発・実用化は全てヴィルの主導により行われる。

 

契約により、開発候補薬のPOCが認められた段階で、アルナイラムは抗コロナウイルス薬の開発・実用化に関わる損益の均等配分のオプション権を有するか、今回の協業による製品の純売上高に対して、開発・実用化のマイルストンとロイヤリティを受け取る権利を持つ。

 

両社は、慢性B型肝炎ウイルス(HBV)感染症に対する新規RNAi治療薬を共同開発中であり、現在、進行中の第I/II相試験で安全性・有効性を検討している。

 

<この記事を読んだ方におすすめ>
薬剤師が英語力を生かして転職できる4つの職場と、求められるスキル

  • 薬剤師のための休日転職相談会
  • 薬剤師の転職・求人・募集はマイナビ薬剤師/5年連続満足度NO.1

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト

出典:薬事日報

ページトップへ