新規会員登録(無料)
創薬・臨床試験

新型コロナ治療薬としてイベルメクチンなども「早期承認目指す」~安倍首相が明言

薬+読 編集部からのコメント

新型コロナウイルス感染症の治療薬として、5月7日に特例承認されたレムデシビル。政府は、治療薬候補として有効性の検証がすすめられる、インフルエンザウイルス薬「アビガン」、膵炎治療薬「フサン」、抗IL-6受容体抗体「アクテムラ」、抗寄生虫薬「ストロメクトール」についても、「有効性が確認され次第、早期の薬事承認を目指す」としています。5月14日の記者会見で安倍首相が明言しています。

安倍晋三首相は39県の緊急事態宣言解除を発表した5月14日の記者会見で、新型コロナウイルス感染症治療薬の開発状況に言及、企業治験や臨床研究が進められている抗インフルエンザウイルス薬「アビガン」(一般名:ファビピラビル)について月内承認を目指す考えをあらためて示すとともに、膵炎治療薬「フサン」(ナファモスタット)、抗IL-6受容体抗体「アクテムラ」(トシリズマブ)、抗寄生虫薬「ストロメクトール」(イベルメクチン)についても「有効性が確認され次第、早期の薬事承認を目指す」と明言した。

 

ノーベル医学生理学賞受賞者・大村智氏(北里大特別栄誉教授)が開発に貢献したイベルメクチンについて安倍首相は「長年、皮膚病の治療に使われてきたが、新型コロナへの有効性が示唆されており、国内で近く医師主導治験が実施される見込み」と効果への期待を表明。

 

アビガンについては「観察研究で既に3000例近い投与が行われており、臨床試験も着実に進んでいる」と述べ、症例が確実に集積されていることを強調した。

 

■「組み合わせによる治療効果も期待できる」

安倍首相はアビガン、フサン、アクテムラ、ストロメクトールの4剤について「いずれも日本が見出した薬。別の病気への治療薬として副作用なども判明し、安全性は確認されている。(新型コロナ感染症への)有効性が確認され次第、早期の薬事承認を目指す」と早期承認への意欲を示しながら、「それぞれの薬の長所が異なることから、これらをうまく組み合わせることで、さらなる治療効果も期待できる。有効な治療法を1日も早く確立したい」と、複数の薬剤の組み合わせによる治療効果にも期待を示した。

 

■国内のワクチン開発「7月にも治験開始」

会見ではワクチン開発に関する質問にも答え、「(新型コロナ感染症の)世界的な制圧にワクチンが果たす役割は大変大きい。国内では東大、阪大、感染研などで開発が進められている。早ければ7月には治験が開始される見込みだ」と述べた。

 

<この記事を読んだ方におすすめ>
MRから薬剤師への転職! メリット・デメリットや転職のポイントまとめ

  • 薬剤師のための休日転職相談会
  • 薬剤師の転職・求人・募集はマイナビ薬剤師/5年連続満足度NO.1

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト

出典:Web医事新報

ページトップへ