新規会員登録(無料)
医療

抗体陽性者に中和抗体~国内で初の保有確認

薬+読 編集部からのコメント

厚労省は6月に新型コロナウイルス感染症に対する抗体検査(※東京都、大阪府、宮城県の一般人約8000人を対象に実施)で陽性判定された8人について、全員が感染を防ぐ「中和抗体」を持っていたとする試験結果を公表しました。国内で新型コロナに対する中和抗体の保有を確認したのは今回が初となります。試験では、ウイルスに感染した可能性がある血清と細胞を混合させ、細胞が破壊されなければ「中和抗体を持っている」と判定しました。厚労省では「2製品を使用した抗体保有率の結果が正しかったことが裏付けられた」とする一方、抗体の保有調査を再び実施するかについては、「一定程度の時間を空けて行うことが必要だが、どう実施するかは検討したい」としています。

厚生労働省は14日、6月に東京都、大阪府、宮城県の一般人約8000人を対象に行った新型コロナウイルス感染症に対する抗体検査で陽性と判定された8人について、全員が感染を防ぐ「中和抗体」を持っていたとする試験結果を公表した。国内で新型コロナウイルスに対する中和抗体の保有を確認したのは今回が初めて。中和抗体の持続期間について、国立感染症研究所の研究班で調査を行う考えだ。

 

体内から新型コロナウイルスを除去する抗体の保有率をめぐっては、厚労省が6月に東京、大阪、宮城の一般人計7950人を対象にウイルスに感染していたかどうかを判定する抗体検査を実施。

 

陽性判定を正確に行うため、米国食品医薬品局(FDA)が緊急使用を認めたロシュとアボットの2製品を使用し、両製品で陽性と判定したものを「陽性」と定義していた。その結果、東京2人(0.1%)、大阪5人(0.17%)、宮城1人(0.03%)が陽性と判定された。この8人が実際にウイルスに感染していたかどうかは不明としている。

 

ただ、厚労省は、抗体が本当にウイルスの感染を防ぐ機能を持つかどうか確認する必要があると判断。感染研と協力して、8人の抗体にウイルスの感染を防ぐ機能を持つ中和抗体があるかどうか確認するため、6月から中和試験を行った。

 

試験では、ウイルスに感染した可能性がある血清と細胞を混合させ、細胞が破壊されなければ中和抗体を持っていると判定した。

 

その結果、8人全員が中和抗体を持つことを確認した。国内で中和抗体を持つ人を確認したのは今回の試験が初めて。

 

厚労省は「2製品を使用した抗体保有率の結果が正しかったことが裏付けられた」とする一方、抗体の保有調査を再び実施するかについては、「一定程度の時間を空けて行うことが必要だが、どう実施するかは検討したい」とした。

 

<この記事を読んだ方におすすめ>
薬剤師の資格があれば、他職種での働ける! 薬剤師歓迎の職種をご紹介

  • 薬剤師のための休日転職相談会
  • 薬剤師の転職・求人・募集はマイナビ薬剤師/5年連続満足度NO.1

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト

出典:薬事日報

ページトップへ