季節・イベント

COVID-19への漢方薬の効果を検討、学会主導研究に協力を~東北大・髙山特命教授

薬+読 編集部からのコメント

日本漢方医学教育振興財団創立5周年記念講演会がオンラインで開催され、東北大漢方・統合医療学共同研究講座特命教授の髙山真氏が新型コロナウイルス感染症に対する漢方薬の効果についての観察研究について説明しました。軽症・中等症患者への投薬実態を調査し、西洋薬、漢方薬、それらの組み合わせなど効果の期待できるものを探る「後ろ向き観察研究」で、1000症例の集積を目標としているとのこと。2月13日現在、約200症例まで登録完了見込みであるものの、目標症例数への達成に向けて医療者に協力を呼びかけています。

東北大漢方・統合医療学共同研究講座特命教授の髙山真氏は2月13日、オンライン形式で行われた日本漢方医学教育振興財団創立5周年記念講演会で講演し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する漢方薬の効果を検討するため、東北大病院を中心に進めている観察研究の概要を説明した。

この観察研究は、日本東洋医学会主導臨床研究「COVID-19に対する漢方薬による予防・治療研究」(IMJEDI study)の1つ。多彩な症状を呈するCOVID-19の臨床では、症状に合わせて漢方薬を含め様々な治療が行われていることから、軽症・中等症患者への投薬実態を調査し、西洋薬、漢方薬、それらの組み合わせなど効果の期待できるものを探る「後ろ向き観察研究」で、1000症例の集積を目標としている。

 

■目標1000症例「多くの臨床医の協力が必要」

講演で髙山氏は「歴史的に漢方薬は未病や感染症治療、体力の回復に用いられてきたことから、COVID-19の治療や発症予防においても漢方薬の効果が期待される」と述べ、西洋薬との組み合わせを含めCOVID-19に対する漢方薬の効果を検討することの意義を強調。

2月13日現在、約200症例まで登録が完了する見込みとなっているものの、1000症例に達するにはさらに「多くの先生方の協力が必要」だとして、観察研究への参加を呼びかけた。

東洋医学会のIMJEDI studyではこのほか、軽症・中等症の感冒様症状を有するCOVID-19患者を対象に漢方薬の治療効果を検証する前向き介入研究(目標症例数150例)や、医療従事者を対象に漢方薬のCOVID-19発病予防効果を検証する前向き介入研究(目標症例数6000例)も進められており、髙山氏はこれらの研究への協力も求めた。

 

 

■コロナ禍の中でもWEBを駆使して漢方教育実践

この日の講演で髙山氏は、東北大の漢方医学教育におけるPBL(Problem Based Learning)の取り組みも紹介。新興ウイルス感染症に対する漢方薬治療の役割などについてWEBでディスカッションするなど、コロナ禍の中でも、学生が自ら問題を抽出し解決する能力を育成するPBLの実践を継続していることを報告した。

 

【日本東洋医学会「IMJEDI study」3つの柱】
①後ろ向き観察研究:COVID-19患者への投薬実態調査(担当:東北大)
②前向き介入研究:COVID-19患者への治療効果の検討(担当:東北大)
③前向き介入研究:医療従事者へのCOVID-19発病予防効果の検討(担当:千葉大)

 

<このニュースを読んだあなたにおすすめ>
漢方薬・生薬認定薬剤師になるには?

  • 薬剤師のための休日転職相談会
  • 薬剤師の転職・求人・募集はマイナビ薬剤師/5年連続満足度NO.1

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト

出典:薬事日報

ページトップへ