薬情報

4製品から医薬品成分~19年度ネット買上調査【厚生労働省】

薬+読 編集部からのコメント

厚労省では2011年度から、運営者の所在地が海外、または所在地不明なサイトで国内向けに販売される、いわゆる「健康食品・海外製医薬品」を買い上げ、国立医薬品食品衛生研究所で含有成分を分析しています。このたび公表された2019年度「インターネット販売製品の買上調査」の結果によりますと、34製品中の4製品からシルデナフィルなど医薬品成分が検出。厚労省は、これら製品の使用を中止し、健康被害が疑われる場合は速やかに医療機関を受診するよう呼びかけると共に、製品の販売サイトに削除要請を行いました。

厚生労働省は、2019年度「インターネット販売製品の買上調査」の結果を公表した。いわゆる健康食品34製品中4製品からシルデナフィルなど医薬品成分を検出した。厚労省は、これら製品の使用を中止し、健康被害が疑われる場合は速やかに医療機関を受診するよう呼びかけると共に、製品の販売サイトに削除要請を行った。

 

厚労省は11年度から、運営者の所在地が海外にあるか、所在地が不明なサイトで国内向けに販売されている、いわゆる健康食品・海外製医薬品を買い上げ、国立医薬品食品衛生研究所で含有成分を分析している。

 

その結果、強壮や痩身効果を目的としたいわゆる健康食品34製品を買い上げたところ、4製品から医薬品成分のシルデナフィル等が検出された。また、いわゆる海外製医薬品50製品も調査を行ったが、表示と異なる医薬品成分が検出された製品はなかった。

 

特に注意が必要な製品例の一つとして、いわゆる健康食品では、1錠当たりシルデナフィル10mg、タダラフィル59mgを検出した製品があった。

 

勃起不全(ED)に対して国内で承認されているタダラフィル含有医薬品の最大用量20mgの約3倍で、使用した場合は重大な健康被害が発生する恐れがあるとした。

 

<このニュースを読んだあなたにおすすめ>
薬剤師がドラッグストアへ転職するためのスキルや薬局との違いは?

  • 薬剤師のための休日転職相談会
  • 薬剤師の転職・求人・募集はマイナビ薬剤師/5年連続満足度NO.1

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト

出典:薬事日報

ページトップへ