医療

ファイザーと追加供給協議~来年初頭に1億2000万回分【厚生労働省】

薬+読 編集部からのコメント

米ファイザー製ワクチンについて、来年初頭から1億2000万回分の追加供給を受けることを前提に協議を進めていることが8月20日の閣議後会見で、田村厚労相の口から明かされました。政府はこれまでファイザー、英アストラゼネカ、米モデルナの3社から4億1400万回分の供給を受ける契約を締結しており、ファイザー製ワクチンについては、年内に1億9400万回分の供給を受ける契約を結んでいますが、今後の感染拡大を想定し、ワクチンのさらなる確保に乗り出す形。正式契約に至れば同社からのワクチン供給量は3億1400万回分となる見通しです。

田村憲久厚生労働相は20日の閣議後会見で、米ファイザー製ワクチンについて、来年初頭から1億2000万回分の追加供給を受けることを前提に協議を進めていることを明らかにした。ファイザー製ワクチンでは年内に1億9400万回分の供給を受ける契約を結んでいるが、今後の感染拡大を想定し、ワクチンのさらなる確保に乗り出す。3回目のブースター接種(追加接種)の必要性も検討される中、「様々な可能性を念頭に置いて交渉をしなければならない。今回のファイザーとの協議もその一環だ」と述べた。

 

政府はこれまでファイザー、英アストラゼネカ、米モデルナの3社から4億1400万回分の供給を受ける契約を締結している。

 

ファイザーとは1月に1億4400万回分、5月には9月までに約5000万回分の追加供給を受ける契約を結んでおり、来年初頭には1億2000万回分の追加供給を受けられるよう協議を進めていく。正式契約に至れば同社からのワクチン供給量は3億1400万回分となる見通しだ。

 

新型コロナウイルス感染症ワクチンの接種は18日時点で約1億1460万回接種まで進んだ。1回以上接種者は50.9%とようやく半数を超え、2回以上接種者が39.3%となっている。65歳以上の高齢者で見ると、1回以上接種者が88.7%、2回以上接種者が85.1%と8割を超えた。

 

今後は接種率が低い若い世代の接種加速のほか、2回接種を終えた人についても感染力が従来株よりも強いと言われるインド発のデルタ株など変異株への対応や、ワクチン接種で獲得した免疫を持続させるためのブースター接種を検討する必要性が指摘されている。

 

田村氏は「様々な可能性を想定して協議を進めないといけない」とし、海外ワクチンメーカーとワクチン確保に向けた交渉を進めていく考えを示した。

 

米国では、2回接種後8カ月を目安に、9月から3回目のブースター接種を開始する予定である。田村氏はワクチンの追加供給を目指す理由について「3回目のブースター接種を狙い撃ちして協議を進めているわけではない」と述べた。

 

その上で、「世界保健機関(WHO)ではブースター接種について十分に検証されていないと言われている。世界でワクチン接種が先行している国のデータを収集・分析し、専門家の皆さんの評価をいただきつつ、3回目のブースター接種が必要なのか、また2回接種が必要なのか早急に検討し結果を得たいと思う」と語った。

 

厚労省では、米ノババックスが開発中のワクチンについても、同社の承認取得を前提に来年初頭から1億5000万回分の供給を受けられるよう協議を進めている。

 

  • 薬剤師のための休日転職相談会
  • 薬剤師の転職・求人・募集はマイナビ薬剤師/5年連続満足度NO.1

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト

出典:薬事日報

ページトップへ