接遇マナー・テクニック 接遇マナー・テクニック
困ったときに薬(やく)立つ、薬剤師の接遇・マナー
困ったときに薬(やく)立つ、薬剤師の接遇・マナー

しゃべってばかりの新人薬剤師をどう指導すればいい?
しゃべってばかりの新人薬剤師をどう指導すればいい?
しゃべってばかりいる新人薬剤師がいます。管理薬剤師の私が注意しても効き目がないので上司に注意してもらいたいのですが、パワハラを指摘されるのを恐れているのか、注意してくれません。

Answer
Answer
注意の前に、新人を理解し信頼関係を築く努力を
なかなかお困りのようですね。相談者さんはきっと、いつどこにいても、おしゃべりしている新人さんが気になって仕方がないことでしょう。「注意しても効き目がない」とのことですが、新人さんは肝が据わった前途有望の若者かもしれません。ここは、注意の仕方について考え直してみるいい機会と前向きにとらえましょう。
 
最初に考えたいのは、相談者さんと新人さんとの関係です。厳しいことを申し上げるようですが、注意されても聞き入れない新人さんは相談者さんに信頼を寄せていないのかも。人は、正しいとわかっていても、嫌いな人に言われたことは受けいれたくないものです。
 
自分の話を聞いてほしいと思ったら、相手を理解し、言葉が伝わる状況を作ることが肝心です。注意する前に、新人さんの性格や価値観、ものの考え方等を理解して信頼関係を築くことから始めましょう。「さすが管理薬剤師は言うことが違う」「この人のようになりたい」などと思ってもらうことができれば、自然と相談者さんの言うことも受け入れられるでしょう。
 
信頼関係を築く前にすばやく解決したい場合もあるでしょう。これは奥の手ですが、新人さんが尊敬したり慕ったりしている先輩薬剤師から注意してもらう方法もあります。職場内の問題とはいえ、管理薬剤師ひとりが全てを背負わなければならないというものでもありません。職場全体で協力し合って、解決方法を探りましょう。
 
ただし、注意する際「何度も注意しているのに、なんでこれくらいできないの?」と能力や価値観を否定するような言い方はNG。おしゃべりがなぜいけないのか実感をともなって理解されるように、薬局全体の環境づくりも欠かせません。
 

自分で解決しようという強い気持ちは、新人にも伝わる
「上司がパワハラを気にして注意しない」ことも、相談者さんのお悩みの一つのようです。ご相談の内容から、上司=薬局開設者だと想定してお答えしますね。管理薬剤師は設備の問題等があれば開設者に意見する義務がありますが、従業員の監督も管理薬剤師の義務です。
 
相談者さんは管理薬剤師ですから、上司を頼らず自分で解決するという心構えで臨んでみてはいかがでしょうか。自信を持って堂々と、なおかつ新人さんの微妙に揺れる気持ちにも寄り添い、必要な時はしっかり注意指導しましょう。
 
相談者さんが上司の存在を気にして、注意の仕方に迷いが出たり、逃げ腰になって話をしたり、はたまた他人(上司)任せで中途半端な物言いをしたりすれば、そういった姿勢は新人さんにも伝わってしまうもの。ここは強い気持ちで「自分がしっかり育てよう」と覚悟を決め、新人さんに真剣に向き合ってほしいと思います。
<関連記事を読む>
注意の前に、信頼関係を築く努力を。上司をあてにせず自分で解決する気持ちで臨めば、新人にも伝わります。
注意の前に、信頼関係を築く努力を。上司をあてにせず自分で解決する気持ちで臨めば、新人にも伝わります。

村尾 孝子
村尾 孝子(むらお たかこ)
薬剤師、医療接遇コミュニケーションコンサルタント。
株式会社スマイル・ガーデン代表取締役。
薬剤師として総合病院薬剤部、漢方調剤薬局、調剤薬局で20年以上にわたり調剤、患者応対を経験。管理薬剤師として社員の人材育成に注力する。
現在は医療現場経験を活かし、医療接遇コミュニケーションコンサルタントとして活躍中。
マイナビ薬剤師・連載コラムが書籍化された、
「患者さん対応のプロをめざす! 『選ばれる薬剤師』の接遇・マナー」が
2017年7月19日 同文舘出版より発売。
株式会社スマイル・ガーデン : https://smile-garden.jp/
ブログ「いつもワクワク Always Smiling!」: https://smilegrdn.exblog.jp/
薬剤師さんからの質問大募集!村尾孝子先生が、あなたの質問にお答えします
薬剤師さんからの質問大募集!村尾孝子先生が、あなたの質問にお答えします
今さら人に聞けない接遇・マナー、クレームへの対処方法など、薬剤師さんからの質問を募集しています。カルテ情報(お名前、薬剤師歴、年齢、性別、勤務先種別)を記入の上、こちらからご応募ください。皆さんの質問に、村尾孝子先生がわかりやすくお答えします。

※投稿者の特定を避けるため、一部内容を変更して掲載しております。

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト