特集 特集

答えは「prescription」(プリスクリプション)
「prescription」の意味は、(医師の)処方せん、処方薬、処方、規定(すること)、おきて、法規、訓令、(取得)時効とあります(研究社新英和中辞典より)。
「Do you have your prescription?」(処方せんお持ちですか?)
といった使い方をします。

薬剤師の6割が外国人対応経験あり

訪日外国人は2800万人を突破し、過去最高を記録(2017年日本政府観光局調べ)。また、外国人労働者の数も急速に加速し、2017年は127万人で前年比18%増となっています(内閣府平成30年2月20日「外国人労働力について」より)。
このような状況から、薬局を利用する外国人も徐々に増えていることが予測されます。
個人的な経験としては、日常の薬局業務において外国人に投薬する機会はあまりありませんでしたが、勤務地や職場環境によっては英語が必要になることもあるでしょう。
そこで今回は、調剤薬局に勤務する薬剤師に求められる英語力と対応方法について考えてみましょう。
 
観光産業が活発な石川県では、外国人に向けた薬局での応対がどのように行われているのかについて、石川県薬剤師会がアンケート調査を行いました。
その結果、60%以上の薬局が外国人に投薬等の応対を行った経験があると回答しています。
対応した薬剤師からは「健康、病気、医薬品等に関する専門的で具体的な情報をもっと正しく伝達する必要性を強く感じた」との意見も寄せられており、今後のグローバル化に伴い、その他の都道府県でも同様の課題が出てくる可能性があります。英語力を高め、薬局窓口で対応できるような準備しておくと安心です。

薬局で使える簡単な英会話実例

薬局窓口で必要となる英会話の具体例をご紹介します。
調剤薬局を訪れた外国人の患者さんに対して使える一般的な英会話の流れを見てみましょう。シーン別でリスト化し、受付や投薬台においておくと便利です。

<処方せんを受け取るとき>
What is the problem? なにかお困りでしょうか?
How could I help you today? 今日はどうされましたか?
Do you have your prescription? 処方せんをお持ちですか?
<健康保険証受け取り>
Is this your first visit to this pharmacy? この薬局は初めてですか?
Do you have your health insurance card with you? 健康保険証をお持ちですか?
If you don’t have a health insurance card, you will have to pay the full fee in cash. 保険証をお持ちでないと自費になります
<問診票を渡すとき>
Please fill out this questionnaire. 問診票に必要なことを記入してください。
In order to know about the safe use of medicines. お薬を安全に使用していただくために質問しております。
<待合室で待ってもらうとき>
Please wait here until your name is called. お名前が呼ばれるまで、こちらでお待ちください。
As there are many patients waiting now, please wait here for about 10minutes. 今、混んでいますので、ここで10分ほどお待ちください。

薬局店頭で使える無料の英語ツールも

英語が好きな人にとっては、英会話の勉強は楽しみながら進められるでしょう。
現在はインターネットの普及によってさまざまな勉強法があります。オンライン英会話学習をはじめ、スマホでチャットや会話ができる英語学習用アプリなども活用できます。
最近では、英会話のAIを提供するサービスもあり、まとまった時間が取れない人や、外国人との会話にまず慣れておきたいといった人におすすめの勉強法といえるでしょう。
一方、英語が苦手な人にとっては、勉強をしようと思っても腰が重く、スタートできないもの。しかし、複雑な英会話ができなくても、実際に薬局で使う英単語や会話集を事前にまとめておくことで、突然の対応に役立つかもしれません。
 
発音が苦手だと思うのであれば、イラストを書いて説明する方法もあります。
前述の石川県薬剤師会のホームページでは、英語版お伺い書の見本やイラストによる「来局目的確認ツール」が公開されています。プリントアウトして利用するなど、活用してみましょう。言葉だけでの説明では伝わっているか不安が残るものですが、イラストがあると伝わりやすくなるはずです。

英会話ができれば薬局で頼れる存在に

観光客や在日外国人にとって、海外での体調不良はとても不安なものです。薬局できちんとした対応を受けることができれば、安心につながります。間違いや誤認識を防ぐ意味で、事前の準備が大切になってきます。薬局全体でしっかり対応できるように英語対応の準備をしておきましょう。
また、英語力があれば、薬局で頼りになる存在になるだけでなく、薬剤師の転職にも有利になるはず。転職先の選択肢の幅が広がるといえるでしょう。

薬剤師の給与・年収についての記事を読む↓

薬剤師300人に聞いた年収の本音

執筆/加藤鉄也
薬剤師。研修認定薬剤師。JPALSレベル6。2児の父。
大学院卒業後、製薬会社の海外臨床開発業務に従事。その後、調剤薬局薬剤師として働き、現在は株式会社オーエスで薬剤師として勤務。小児、循環器、糖尿病、がんなどの幅広い領域の薬物治療に携わる。医療や薬など薬剤師として気になるトピックについて記事を執筆。趣味は子育てとペットのポメラニアン、ハムスターと遊ぶこと。

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト