薬剤師のスキルアップ 薬剤師のスキルアップ

薬局薬剤師に地域で求められる“役割”とは?

地域のなかで求められる薬局薬剤師の役割について紹介します

地域住民が気軽に立ち寄れる薬局に常駐する薬剤師は、頼られる存在でありたいもの。調剤業務だけでなく、身近な相談役として認知されることで地域貢献にもつながります。かかりつけ薬局として継続的な指名を受けるためにも、地域における薬局薬剤師の役割を理解し、ステップアップを図りましょう。

薬局薬剤師に求められる役割とは?

厚生労働省は国民にかかりつけ薬局を持つことを呼びかけており、同時に薬局側に対しても、地域に密着した医療提供施設としてあるべき姿を提示しています。そして、その多くが薬剤師の対応に関わるものです。調剤や服薬指導、OTC医薬品の販売だけでなく、健康相談への対応、健康づくりに関する情報提供など、地域住民全体の健康意識向上につながる活動を行うことも。さらには在宅医療への参入によって、服薬指導以外にも、家庭内の除菌、害虫の駆除相談への対応など、薬局薬剤師の活動範囲は多岐にわたります。
こうした働きを通して、自分の薬局を地域に密着した、かかりつけ薬局に育てていくことが薬局薬剤師の重要な役割です。

薬局薬剤師の専門性を高めるには

さまざまな悩みを抱える患者さんをサポートするために、地域の特徴に合わせて専門性を磨くことも大切です。特に薬剤師として、地域医療に貢献できる資格をいくつか紹介しましょう。

プライマリ・ケア認定薬剤師

プライマリ・ケアは、健康福祉に関わる問題に対し、総合的に解決していこうとする活動です。身近に起きた健康問題について、たとえば「こんな症状のときは何科を受診したら?」「認知症の親をどのように介護すればいい?」などの相談に対して、解決の糸口を見つける役目を持ちます。地域における薬剤師の役割を大きく広げる資格といえるでしょう。

日本褥瘡学会認定師

褥瘡(じょくそう)の予防において、医療を施す知識と技術が認められます。褥瘡の予防となる体位変換を指導したり、スキンケアや栄養管理、褥瘡治療薬の相談に乗ったりと、寝たきりの患者さんを看護する方をサポートできるため、在宅医療に参画する薬局薬剤師にとって、活用性の高い資格です。

緩和薬物療法認定薬剤師

強い痛みを持つ患者さんに対し、緩和ケアに従事できる薬剤師の認定資格。主に、がん患者さんを対象として、在宅療養中に起こる身体的苦痛を和らげるため、専門的な薬剤を扱えるようになります。がん治療後の在宅医療において、緩和ケアに欠かせない資格です。

漢方薬・生薬認定薬剤師

処方せんに記された漢方薬だけでなく、OTC漢方薬のスペシャリストとして処方を提案することが認められます。たとえば、風邪の症状が気になる患者さんに対して、発熱、鼻水、喉の状態などを確認しながら、複数あるOTC漢方薬のなかから最適なものを提案できる資格です。

栄養サポートチーム(NST)専門薬剤師

服薬指導に加え、日常の栄養指導により、改善に向けた手厚いサポートが可能となる資格です。また、地域住民への栄養指導を行うことで、病気予防にもつながります。

地域の健康相談窓口として

薬局を利用するのは、処方せんを持っている方ばかりではありません。日用品や衛生用品の購入が目的の方もいるでしょう。健康面だけでなく、日常生活をサポートするのも薬局薬剤師の役割です。薬やサプリメントの利用相談から、家庭の食品衛生、介護に役立つグッズの紹介など、持てる知識を活かして伝えられることはたくさんあります。
たとえば同じOTC医薬品を短期間で何度も購入される方には、症状の改善が見られないと判断し、病院の受診を勧めるのもよいでしょう。また、サプリメント購入の相談には、病院から処方された薬との併用に注意を配ります。
ほかにも、何気ない体調に関する相談も貴重です。病院に行くべきか迷っている方は多く、相談役として定着すれば、頼れる存在として喜ばれるでしょう。さらには、夏休みにリトマス試験紙など自由研究に使う道具を求める子どもたちから、宿題の相談を受けることも。薬剤師の知識を活かし、“地域の相談役”として丁寧な応対をしましょう。

薬局薬剤師は地域の健康見張り番

薬局薬剤師の役割は、地域住民の病気の改善や予防、健康づくりのサポートを行うことです。その務めを十分に発揮するためにも、まずはひとりでも多くの地域住民から「かかりつけ薬局」として指名してもらうことが大切。地域から求められる薬局薬剤師として、さらなるスキルアップを目指したいものです。

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト