薬剤師のスキルアップ 薬剤師のスキルアップ

メディカルコピーライターってどんな仕事?【薬剤師のキャリア】

メディカルコピーライターの業務内容、やりがい、働きやすさは?

「メディカルコピーライター」という職種を知っていますか?よく似た名称の 「メディカルライター」という職種もありますが、両者は異なる業務を担います。今回、メディカルコピーライターが活躍する医療用医薬品専門の総合プロモーションエージェンシーに業務内容ややりがい、働きやすさについてご寄稿いただきました。調剤業務にとどまらない、薬剤師の新たなキャリアの選択肢として検討してみませんか?

1. メディカルコピーライターとは

「メディカルコピーライター」とは、主に医薬品の広告・宣伝をおこなっている広告代理店や制作会社で使用するプロモーション資材(パンフレット、各種広告、website、アプリなど)のための原稿を書いたり、編集をしたりする職種です。

 

よく似た名称の「メディカルライター」と混同されることがありますが、異なる業務を担います。メディカルライターは医療機関や製薬会社から依頼をされ、主に臨床試験の報告書を書いたり、医薬品の製造販売の申請にかかわる書類を書いたりする業務を担当します。

 

メディカルライターは専門性の高い書類作成を行う一方で、メディカルコピーライターは専門性の高い文章はもちろん、患者さんなど医薬について詳しくない方にも理解してもらえるような文章を書くという特徴があります。

2. メディカルコピーライターの仕事内容

メディカルコピーライターの業務はプロモーション資材の原稿執筆にとどまりません。クライアント(製薬会社)の要望を直接聞きにいったり、学会や医師の取材をしたり、たまに芸能人と医師との対談やCM撮影に同席したりと一般消費財の広告代理店のような仕事に従事することもあります。

 

それから薬の製造販売の認可が出されるような新薬のプロモーションを担当すると、その準備期間や販売の直前は大変です。新薬発売予定の1~2年前になると、製薬会社に複数の広告代理店が呼ばれ、マーケティング戦略やプロモーション企画などの課題が出されます。その後コンペ(Competition)形式で、製薬会社によってプロモーションを依頼する1社が選ばれます。

 

コンペの準備は主に営業や企画部が行いますが、メディカルコピーライターも疾患や薬剤の下調べやプロモーション資材のためダミー原稿を作成するといった役割があります。コンペを勝ち抜くことは非常に重要です。コンペでのプレゼンテーションは、学会発表の心構えに通じるところがあります。

 

業態の特性上、どうしても労働集約型で仕事量が偏るケースが出てくることは否めません。しかし、自分の裁量で仕事ができるというメリットがあるので、自ら計画を立てて動くことが好きな方にとっては働きやすい環境といえます。自分で考えて行動をするプロセスは薬学生時代の実験のプロセスに似ています。実験が苦にならなかった人であれは、それほどストレスを感じないのではないでしょうか。

3. 薬剤師はメディカルコピーライターに向いている?

医薬品は人命にかかわるものなので、医薬品に精通した薬剤師は重宝されます。「科学的に正しいデータを紹介する」「誤解を与えない表現にする」「有効性のみならず安全性も周知する」など、広告・宣伝に使用するプロモーション資材に対する規制が年々厳しくなっているため、薬剤師が持っている薬に対する倫理観はこの仕事でも必要です。

 

クライアントとなる製薬会社には薬学に精通する人も多いので、薬剤師はクライアントに重宝されます。ですので、ずっと執筆作業をしているわけではなく、クライアントに会ったり人とコミュニケーションをとったりするのが好きな人にも向いている仕事といえます。

 

また、薬剤師として薬局で勤務した経験を活かし、医療従事者同士、また医療従事者と患者さんのコミュニケーションをより円滑にする企画を考えることもできます。

4. メディカルコピーライターになるには

メディカルコピーライターになるには、医薬品専門の広告代理店や制作会社に入社することが第一です。未経験でも業務のアシスタントをしながら現場で学んでいく方法もあれば、製薬会社や研究機関、薬局などの医療機関などで経験を積んだのちに転職をする方法もあります。

 

必須資格はとくにありませんが、専門用語が多用された海外論文を読んだり、翻訳したりする仕事を担うため、英語力は重要視されます。

5. メディカルコピーライターの待遇や働きやすさは?

年収は会社の規定や個人の経験によって異なりますが、専門的な知識を必要とするためおおよそ400万円~700万円と、他職種と比較しても高額です(国税庁「民間給与実態統計調査」平成30年度によると、年間給与所得の平均は441万円)。経験を重ねマネージャーになると、さらに年収が上がります。

 

昨今はウェブライターが急増していることから執筆料の単価は下がっていますが、専門的な知識を必要とするメディカルコピーライターの執筆料の水準は維持されるでしょう。そのため、広告代理店や制作会社で経験を積んだのちに独立をしてフリーのライターとしてキャリアを積む選択肢も検討できます。

6. メディカルコピーライターのやりがいは?

「難しいことをいかにシンプルに伝えるか、わかりやすく表現するか」といった「産みの苦しみ」がともないますが、自分が書いた文章やアイデアが形になることは、メディカルコピーライターならではの魅力です。また、医療従事者や患者さんに役立ててもらえるよう使命感をもって仕事をしており、実際にそれを実感できることも大きなやりがいにつながっています。


執筆/株式会社インターサイエンス社 企画戦略部

医療用医薬品専門の総合プロモーションエージェンシー。製薬企業、医療関係者、そして患者さんのコミュニケーションを結び、メディカルフィールドを活性化させることをミッションとしている。医療用医薬品のプロモーションに関わる各種資材(パンフレット、患者さん・一般向けの冊子、ウェブサイト・動画の企画・制作)を担う職種のスタッフを募集中。募集内容はこちらから。
株式会社インターサイエンス社 ホームページhttps://www.interscience.co.jp

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト