新規会員登録(無料)
企業

旭化成が米社を1432億円で買収~医薬品事業の米国基盤獲得

薬+読 編集部からのコメント

素材、住宅に続きヘルスケア事業を「第3の柱」と位置づけている旭化成が11月25日、米国ノースカロライナ州に拠点を置くベロキシス・ファーマシューティカルズ社の買収を発表しました。買収価格は約1432億円となり、12月中にもデンマーク子会社を通じて株式の公開買い付けを開始。デンマークのルンドベック社からスピンオフして設立されたベロキシス社は、免疫・神経領域を得意とする一方、販売リソースをあまり必要としていない高度医療施設や専門医を対象としているため、旭化成の米国戦略と合致する形となりました。

旭化成は25日、米ベロキシス・ファーマシューティカルズを買収すると発表した。買収価格は約1432億円で、デンマーク子会社を通じて12月中に株式公開買い付けを開始する。2012年に買収した米医療機器子会社「ゾール・メディカル」に続き、医薬品事業でも買収によって米国での事業基盤を獲得した。小堀秀毅社長は同日、都内で記者会見し、「医薬事業と医療機器事業を共に成長させ、ヘルスケア領域を素材、住宅に続く旭化成の第3の柱にし、グローバル・ヘルスケア・カンパニーを目指したい」と語った。

 

ベロキシスは02年にデンマークのルンドベックからスピンオフして設立した会社で、米国ノースカロライナ州を拠点にしている。売上高は今年度に8200万ドルを見込み、黒字化を計画する。独自のドラッグデリバリー技術を用いた腎移植手術患者向けの免疫抑制剤「エンバーサスXR」を販売している。

 

旭化成は今年度からスタートした中期経営計画でヘルスケア事業を重点領域に位置づけており、25年度に売上高6000億円、営業利益800億円の目標を掲げている。医療機器と医薬品の両事業を成長させるためにM&Aを有効活用する戦略を打ち出しており、今回の買収もその一環。小堀氏は、「ヘルスケア事業のグローバル展開を加速するステップとしてベロキシスを買収した。素材や住宅に比べると事業規模が小さいヘルスケア事業だが、しっかりと成長させ、第3の柱にしたい」と話した。

 

今回の買収を通じて世界最大市場である米国での事業基盤を獲得する。医療機器事業では12年にゾール・メディカルを買収し、米国市場に本格参入を果たし、グループ売上高の15%、営業利益の19%を占めるまでに成長した。一方で医薬品では子会社の旭化成ファーマが国内を中心に「骨」「免疫」「神経」の3領域で展開してきた。

 

小堀氏は「日本のみに焦点を当てた医薬ビジネスを大きく成長させることは非常に厳しい状況」と述べた上で、「米国市場で医薬品の事業プラットフォームを獲得することが不可欠」とし、医療機器に続き医薬品でも海外成長を目指していく考えを強調した。

 

ベロキシスは、免疫・神経領域を得意とし、販売リソースをあまり必要としない高度医療施設や専門医を対象としているため、旭化成の米国戦略と合致した。獲得したエンバーサスはタクロリムスの徐放製剤で、28年まで特許期間を保持し、ピーク時には売上800億円を見込む。

 

また、米国で事業基盤を置くことで、ライセンスなどの事業開発活動で新たな成長ドライバーとなる医薬品の獲得機会増加につながるほか、自社創薬を行う上でも米国市場での医療ニーズを把握できるメリットもあるという。

 

30年までに医薬品事業を売上2000億円規模に引き上げる。小堀氏は「医薬事業と医療機器を持つことで、多様な成長力と競争力を獲得し、事業を拡大していきたい」と語った。

 

>>>企業で働く薬剤師の求人特集をチェック

  • 薬剤師のための休日転職相談会
  • 薬剤師の転職・求人・募集はマイナビ薬剤師/5年連続満足度NO.1

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト

出典:薬事日報

ページトップへ