新規会員登録(無料)
薬剤師会

病薬研修会、約7割で再開~ウェブ環境整備に支援要望

薬+読 編集部からのコメント

これまで新型コロナ感染症の影響で休止となっていた日病薬の研修会が約7割の都道府県で再開している状況が、「都道府県病院薬剤師会の活動状況報告」で明らかになりました。今後の再開予定分までを含めますと、9割以上にものぼっています。開催方法については、「集合型研修」が25.3%、「ウェブ研修」が42.7%、「集合とウェブのハイブリッド研修」が32.0%と均衡。地方で集合型研修が行われている背景にはウェブ環境が整っていないことも理由の一つとなっており、約8割の都道府県がインターネット環境整備を目的とした日病薬の支援を希望しています。

日病薬調査

新型コロナウイルス感染症の影響で休止中だった日本病院薬剤師会の研修会が徐々に再開している状況が、「都道府県病院薬剤師会の活動状況報告」で明らかになった。約7割の都道府県で研修会を再開しており、今後再開予定を含めると9割以上に上った。都市部ではウェブと集合型研修のハイブリッド形式で実施される一方、感染者数の少ない地方では集合型研修が行われている実態にあり、研修単位シールの配布などを含め、ウェブ研修の環境整備が今後の課題となりそうだ。


17日にウェブ上で開催された地方連絡協議会で報告された「都道府県病院薬剤師会の活動状況報告」によると、全都道府県が研修会の開催で新型コロナウイルス感染症による影響があったと回答した。新型コロナウイルス感染症の第1波の時期に、ほぼ全ての研修会が中止となったものの、緊急事態宣言が解除された6月以降に徐々に再開されており、現在は「全面的に再開」が12.8%、「一部再開」が29%、「今後再開の予定」が21.3%、「休止中」は4.3%となった。

 

研修会の開催方法については、「集合型研修」が25.3%、「ウェブ研修」が42.7%、「集合とウェブのハイブリッド研修」が32.0%と均衡していた。感染者数が多く、ウェブ環境が整備されている都市部では、集合とウェブのハイブリッド研修が多く実施されていた一方、感染者数が少ない地方では集合型研修が多く行われており、地域の感染者数やウェブ環境の整備状況に応じて実施されていることが分かった。

 

地方で集合型研修が行われている背景にはウェブ環境が整っていないことも理由の一つにあり、約8割の都道府県がインターネット環境整備を目的とした日病薬の支援を希望していた。

 

各都道府県からは「ウェブ開催は機材確保や参加費徴収、単位交付にかかる人的負担が大きい」(青森県)、「事務局業務が煩雑化しており、中央での研修システムのシステム化を早期に実現してほしい」(宮城県)、「全国版セミナーの機会を増やしてほしい」(奈良県)、「参加者の確認、参加時間の把握、研修シールの配布など、これまでの研修会に比べ何倍もの時間と人手を要しなければ、開催ができない」(長崎県)と病院薬剤師が自己研鑽する機会の減少を懸念する声のほか、県病薬からウェブ研修会参加者への研修シール配布に苦慮している現状が浮き彫りになった。

 

こうした課題に対し、他都道府県からの研修受け入れを行う県病薬も出ている。石川県病院薬剤師会では北陸3県の県病薬間でそれぞれが主催する研修会について、各県が実施する研修会に参加できるようにすると共に、研修シールの管理や郵送の事務作業を各県病薬事務局で分担するなどの連携、協力を行っていることが報告された。

 

<この記事を読んだ方におすすめ>
認定薬剤師、専門薬剤師など薬剤師に役立つ資格を詳しく解説!

  • 薬剤師のための休日転職相談会
  • 薬剤師の転職・求人・募集はマイナビ薬剤師/5年連続満足度NO.1

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト

出典:薬事日報

ページトップへ