医療

【20年版MR白書】MR総数、過去最大減続く‐製薬大手の人員削減が影響

薬+読 編集部からのコメント

2020年版MR白書(MR認定センターまとめ)によりますと、2020年3月末時点のMR総数は、前年比2742人減の5万7158人となり、2年連続で過去最大の減少となりました。2000人以上の大幅減少が続く厳しい状況が明らかとなり、減少したMR数のうち、MR雇用規模が1000人以上の企業のMRが約6割を占め、大手製薬企業を中心とした人員削減が大きく響いた格好です。MRの総数は、2013年度の6万5752人をピークに、14年度が1095人減、15年度が522人減、16年度が950人減、17年度が752人減、18年度が2533人減となっており、19年度は過去最大の2742人減で、6年連続の減少となりました。

MR認定センターは「2020年版MR白書」をまとめた。今年3月末時点のMR総数は、前年比2742人減の5万7158人となり、2年連続で過去最大の減少となった。2000人以上の大幅な減少が続く厳しい状況が明らかになった格好で、減少したMR数のうち、MR雇用規模が1000人以上の企業のMRが約6割を占め、大手製薬企業を中心とした人員削減が大きく響いた。


同センターに登録している企業総数は、昨年から3社減の200社となった。内訳を見ると、内資系企業が3社減、外資系企業が1社減、MR業務委託・派遣企業(CSO)が1社増となった。

MR総数は、13年度の6万5752人をピークに、14年度が1095人減、15年度が522人減、16年度が950人減、17年度が752人減、18年度が2533人減となっており、19年度は過去最大の2742人減で、6年連続の減少となった(表参照

 

認定取得者は2522人減の5万6058人で、MR認定証取得率は98.1%だった。管理職数は537人増の8717人と増加に転じた。

 

MR雇用規模別のMR数は「99人以下」が20人増、「100人~299人」が64人減、「300~499人」が124人減、「500~999人」が961人減、「1000人以上」が1613人減となり、大手製薬企業のMR数減少が目立った。

 

企業別に見ると、内資系企業が1992人減の3万3463人と減少幅が最も大きく、次いで外資系企業が1052人減の1万9711人、卸が1人減の67人となった。CSOについては登録企業数の増加などから、303人増の3917人となった。

 

薬剤師のMRは、156人減の4997人だった。MR総数に占める薬剤師MRの比率は0.1ポイント増の8.7%となった。

 

MRの新卒採用を行った企業は、0.4%減の85社。そのうち、内資系企業が68社、外資系企業が17社となった。中途採用したのは130社で2.4%増加した。

 

また、認定制度の改定に伴い、今回MRが実践的資質を習得するための継続教育に関する調査が初めて実施された。その結果、倫理教育の実施については、同行(上司、先輩等)が74.5%、ケーススタディ(事例発表、ダイアローグ等)が58.0%、医療機関での現場実習(病棟、薬剤部等)が12.0%などとなった。

 

<この記事を読んだ方におすすめ>
MRから薬剤師への転職!メリット・デメリットや転職のポイントまとめ

  • 薬剤師のための休日転職相談会
  • 薬剤師の転職・求人・募集はマイナビ薬剤師/5年連続満足度NO.1

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト

出典:薬事日報

ページトップへ