医療

プレ運用の薬局募集開始~厚労省、オンライン資格確認向け

薬+読 編集部からのコメント

患者加入の公的医療保険の資格を確認、マイナンバーカードを健康保険証として利用できるようにする「オンライン資格確認」を3月下旬からスタートさせるために、厚労省は1月29日から本格稼働前のプレ運用に参加する医療機関・薬局の募集をスタートしました。計500施設程度を目安に募集し、そのうち薬局は125施設になる見通し。プレ運用では、本格運用と同じ環境下で患者さんにもマイナンバーカードか健康保険証を使って受診してもらう予定です。プレ運用参加の医療機関・薬局には、優先的に顔認証付きカードリーダーが手配されます。

厚生労働省は、患者が加入している公的医療保険の資格を確認でき、マイナンバーカードを健康保険証として利用できるようにする「オンライン資格確認」を3月下旬からスタートさせるため、本格稼働前のプレ運用に参加する医療機関・薬局の募集を1月29日から開始した。合わせて500施設程度を目安に募集し、そのうち薬局は125施設になる見通し。3月上旬にプレ運用を開始し、システムやネットワーク接続など運用に問題がないことを確かめた後、オンライン資格確認を本格稼働させる予定だ。


オンライン資格確認は、3月下旬から運用開始予定で、導入した医療機関・薬局は、オンラインで患者の公的医療保険の資格情報の情報が確認でき、患者の同意を得た上で薬剤情報や特定健診情報の閲覧も可能となる。プレ運用では、本格運用と同じ環境下で患者にもマイナンバーカードか健康保険証を使って受診してもらう予定。

 

参加条件は、▽3月上旬までにオンライン資格確認に関するシステム・ネットワークなどの環境が準備できている見込みであること▽医療機関等運用テスト(医療機関・薬局のシステムと資格確認端末・顔認証付きカードリーダーなどを接続した場合の動作確認など)を今月末までに実施すること▽厚労省ホームページで「プレ運用実施医療機関・薬局」として施設名を公表すること――など。

 

プレ運用に参加する医療機関・薬局には、優先的に顔認証付きカードリーダーを手配する。

 

厚労省は、500施設を対象としたプレ運用の実施により、約23万の医療機関が接続している全てのシステムベンダーについて運用に支障がないか事前に把握したい考え。

 

各保険者が持つ患者の資格情報が均等に確認できるかや、マイナンバーカードのICチップ内にある電子証明書を用いて資格情報の取得・取り込みが可能であるかなども検証する。

 

プレ運用に応募する医療機関・薬局はオンライン資格確認の「医療機関等ポータルサイト」のマイページ内にある申し込み画面から申し込みを行う。締め切りは12日まで。申し込み多数の場合は原則先着順となり、応募施設全てに選定結果の連絡を行う。

 

<この記事を読んだあなたにおすすめ>
【新制度】オンライン資格確認とは?導入メリットや今後の流れについて

  • 薬剤師のための休日転職相談会
  • 薬剤師の転職・求人・募集はマイナビ薬剤師/5年連続満足度NO.1

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト

出典:薬事日報

ページトップへ