企業

ファルメディコと業務提携~薬局でFINDAT活用へ【日本調剤】

薬+読 編集部からのコメント

2020年6月に高度DIウェブプラットフォーム「FINDAT」(ファインダット)を開発し、医療機関における医薬品情報の標準化と効率化を支援している日本調剤は、ファルメディコとFINDATの利活用に関する業務提携契約締結を発表。調剤薬局チェーンとして初となる提携によって、薬物治療のさらなる質向上を目指します。ファルメディコは医療費適正化の観点から要介護な高齢者の長期療養の場が医療機関から在宅・介護現場へシフトすることを見据え、早くから介護施設と在宅ケアなど、調剤や薬の配達にとどまらない地域医療制度を支える新しい薬局のあり方と薬剤師像を提唱、実践してきました。

日本調剤は、ファルメディコと高度DIウェブプラットフォーム「FINDAT」(ファインダット)の利活用に関する業務提携契約を締結したと発表した。調剤薬局チェーンとして初となる提携によって、薬物治療のさらなる質向上を目指す。

 

日本調剤は、昨年6月にFINDATを開発し、医療機関における医薬品情報の標準化と効率化を支援している。2021年度からは薬学部などの教育機関向けにFINDATの提供を開始し、薬剤師教育にも注力している。

 

一方、ファルメディコは、医療費適正化の観点から介護が必要な高齢者の長期療養の場が医療機関から在宅・介護現場へシフトすることを見据え、早くから介護施設と在宅ケアなど、調剤や薬の配達にとどまらない地域医療制度を支える新しい薬局のあり方と薬剤師像を提唱、実践してきた。

 

今回、薬剤師が安全で質の高い薬物治療に注力できる環境を整え、地域医療に貢献していくとの両社の考えが一致。FINDATの利活用に関する業務提携を締結した。提携により、ファルメディコの7薬局におけるFINDATの活用方法をはじめ、FINDATによる医薬品情報収集の効率性や、処方提案における有用性などについて検証し、合同勉強会の中で意見交換を実施する予定。

 

ファルメディコの狭間研至社長は、「薬剤師の対人業務を推進し、安全で質の高い薬物治療を提供するためには、業務の効率化と良質な医薬品情報が必要。今回、在宅・介護現場を中心にFINDATを活用することで、患者さんに質の高い薬物治療を提供すると共に、薬剤師が職能に磨きをかけて対人業務に注力できるようになることを期待している」とコメント。

 

日本調剤の増原慶壮取締役兼FINDAT事業部長は、「今回の提携により、在宅・介護現場におけるFINDATの活用事例を共有してもらうことで、FINDATのコンテンツの拡充や各現場に応じた活用提案につなげていく」としている。

 

▶日本調剤株式会社の薬剤師求人をチェックする

▶ファルメディコ株式会社の薬剤師求人をチェックする

  • 薬剤師のための休日転職相談会
  • 薬剤師の転職・求人・募集はマイナビ薬剤師/5年連続満足度NO.1

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト

出典:薬事日報

ページトップへ