医療機器

ハーボニー偽造品‐塩崎厚労相 厳正に対処

薬+読 編集部からのコメント

2017年1月20日(金)、塩崎恭久厚生労働相は会見で「ハーボニー配合錠」の偽造品が奈良県の調剤薬局チェーンで見つかった問題について、「責任業者に対して厳正に対処する」との考えを示しました。また、偽造品の製造元と流通経路の早期確定に努めたいとしています。

塩崎恭久厚生労働相は20日の閣議後の会見で、C型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品が奈良県の調剤薬局チェーンで見つかった問題について、「極めてゆゆしき事態」とし、「責任業者に対して厳正に対処する」との考えを示した。

 

塩崎厚労相は、「偽造品の流通経路の解明に向け、奈良県などの関係都道府県に立入調査を依頼すると共に、全国の自治体や医療関係団体へ偽造品が患者に渡らないよう、医薬品の状態をしっかりと確認するよう、注意喚起している」と強調。偽造品は、正規品に比べて形状や色が「明らかに違う」ことから、「一つひとつ確認すること」が重要とした。

 

また、「いずれにしても、病気の方をだますことはあり得ないこと」とし、偽造品の製造元と流通経路の早期確定に努めたいとした。

  • 薬剤師のための休日転職相談会
  • 薬剤師の転職・求人・募集はマイナビ薬剤師/5年連続満足度NO.1

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト

出典:薬事日報

ページトップへ