薬情報

コロナ薬候補に「YH-53」~ウイルス増殖を強く抑制

薬+読 編集部からのコメント

2013年に開発されたSARS(重症急性呼吸器症候群)コロナウイルスの3CLプロテアーゼに対する阻害剤「YH-53」が、新型コロナウイルスの増殖を強く抑制することを東京薬科大学薬学部薬品化学教室の林良雄教授と今野翔助教のグループが確認しました。YH-53は02年のSARS発生を機に、長年にわたりSARSコロナウイルス3CLプロテアーゼ阻害剤の創製研究を行っている同グループが群馬大学の神谷亘教授との共同研究で開発したものです。YH-53は低分子化合物で、13年にSARSコロナウイルス3CLプロテアーゼを標的に創製された強力かつ選択的な酵素阻害剤です。同グループでは共同研究機関を募集すると共に、YH-53の化学合成法を確立していることから、希望する研究グループへのYH-53の提供も計画しています。

東京薬科大学薬学部薬品化学教室の林良雄教授と今野翔助教のグループは、群馬大学の神谷亘教授との共同研究で、2013年に開発した重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルスの3CLプロテアーゼに対する阻害剤「YH-53」が、新型コロナウイルスの増殖を強く抑制することを確認した。複数の阻害剤が良好な抗ウイルス効果を示すことも確認した。


ウイルスプロテアーゼ阻害剤は、エイズやC型肝炎の治療薬として知られているが、新型コロナウイルスもメインプロテアーゼと呼ばれる3CLプロテアーゼを独自に持っている。感染細胞内でのウイルス増殖に不可欠なため、この酵素を標的とする選択的阻害剤は、明確な作用メカニズムに基づく新型コロナウイルス感染症治療薬の候補と考えられている。また、ウイルスの増殖抑制によって、新型コロナウイルス感染症の重症化を軽減できる可能性もある。

 

研究グループは、02年のSARS発生をきっかけに、長年にわたりSARSコロナウイルス3CLプロテアーゼ阻害剤の創製研究を行っている。YH-53は低分子化合物で、13年にSARSコロナウイルス3CLプロテアーゼを標的に創製された強力かつ選択的な酵素阻害剤である。

 

これまで他の研究機関から、SARSコロナウイルスと新型コロナウイルスにおける3LCプロテアーゼの相同性が99%と極めて高いことが報告され、新型コロナウイルスに対する同阻害剤の効果が期待されていた。

 

今回、新型コロナウイルスに対する抗ウイルス試験から、YH-53をはじめ複数の阻害剤で良好な抗ウイルス効果が確認できた。また、細胞毒性が低いことから、YH-53は新型コロナウイルス感染症治療薬の有望な開発候補と考えられた。

 

今後、動物での感染抑制試験などを実施し、医薬品としての有効性・安全性を追求していく考え。また、共同研究機関を募集すると共に、YH-53の化学合成法を確立していることから、希望する研究グループへのYH-53の提供も計画している。

 

<この記事を読んだ方におすすめ>
薬剤師の年収相場まとめ|転職で年収を上げるための4つのポイント

  • 薬剤師のための休日転職相談会
  • 薬剤師の転職・求人・募集はマイナビ薬剤師/5年連続満足度NO.1

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト

出典:薬事日報

ページトップへ