新規会員登録(無料)
薬情報

新型コロナDNAワクチン、関西・関東8施設で11月中に第2/3相試験開始~アンジェス

薬+読 編集部からのコメント

続々と臨床試験の結果報告が届き始めた新型コロナウイルス感染症ワクチン。11月20日には、バイオ製薬企業のアンジェスが、阪大と開発中のDNAワクチンについて今月中に第2/3相臨床試験を開始することを発表しました。目標症例数を500例として関西・関東エリアの8施設において実施予定で、2021年3月頃に接種を完了させる見込みとしています。

バイオ製薬企業のアンジェスは11月20日、阪大と開発中の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)向けDNAワクチンについて、大阪市立大病院・阪大病院での第1/2相臨床試験に続いて、今月中に第2/3相臨床試験を開始すると発表した。

 

第2/3相臨床試験は、目標症例数を500例として関西・関東エリアの8施設で実施。用量を2.0㎎として①2週間間隔で2回接種(250例、うち50例はプラセボ)、②4週間間隔で2回接種(250例、うち50例はプラセボ)─の2群に分け、ランダム化二重盲検プラセボ対照試験を行う。

 

試験は治験施設の治験審査委員会(IRB)で審議・承認され次第開始し、2021年3月頃に接種を完了させる予定。

 

用法用量確定を経て大規模第3相試験実施へ

アンジェスは「本試験で用法用量を確定したのち、COVID-19発症予防効果を検証するプラセボ対照の大規模な第3相比較試験を実施する予定」としている。

 

<この記事を読んだあなたにおすすめ>
感染症はどのように終わるのか

  • 薬剤師のための休日転職相談会
  • 薬剤師の転職・求人・募集はマイナビ薬剤師/5年連続満足度NO.1

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト

出典:Web医事新報

ページトップへ