薬剤師と著名人エピソード 薬剤師と著名人エピソード
名作を著した作家や誰もが知っているような大企業の創業者。医療とは直接関わりのない業界で活躍した中にも、薬剤師資格や医師免許を持っていた人々がいるんです。彼/彼女は一体どんな人物だったのか? どんな人生を送ったのか? 意外な発見があるかもしれません。
第5回 福原有信(1848年〜1924年)
プロフィール
 
 
株式会社資生堂の創業者。千葉県南部の安房国松岡村(現・千葉県館山市)に生まれる。祖父が漢方医だったため17歳で江戸に出て、幕府医学所、明治維新後の西洋医学所(現・東京大学医学部)で西洋薬学を学んだ。23歳の若さで海軍病院薬局長となる。1872年に銀座で「資生堂」を開業。調剤薬局、製薬工業、生命保険会社(現在の朝日生命保険)、薬剤師会など、次々に日本初の試みに挑戦した。

調剤薬局「資生堂」を開業

福原が海軍病院薬局長に就任した明治の初めごろは、医者が診療も薬局も受け持ち、薬も漢方薬が主流であった。その体制に疑問を持った福原は、医薬分業を実践するため海軍病院薬局長を辞し、1872年、銀座に洋風調剤薬局「資生堂」を開業する。
1階部分に薬局「資生堂」、2階部分に診療所「回陽医院」があり、医院で処方された薬を資生堂が調剤する、医薬分業の体制がとられていた。現在の日本で当たり前になっている医薬分業は、福原によって「資生堂」で始められたものだ。福原はこのとき弱冠23歳であった。

日本初の医薬品製造工業

資生堂は良質な輸入ものの医薬品を揃えたため、薬代も高額であった。また、輸入品は高価であり粗悪な偽物も多かったため、福原は日本の薬剤や生薬も利用した薬を自己生産することを思いつく。そうして日本初の医薬品製造工業、東京製薬所も設立された。これにより(従来のものよりまだまだ高価であったものの)安全で良質な薬の安定供給が可能となった。

「資生堂」から大衆薬を

銀座の洋風な建物の見た目と医薬分業の珍しさから、当初は賑わった「資生堂」だったが、次第に客足が遠のいてしまう。業績不振の大きな理由は、当時の庶民に医者にかかるという習慣がなかったこと。女性は、たとえ相手が医師であろうとも異性の前で肌をあらわにすることに羞恥心を持っていたので、診察に抵抗があった。やむなく医院を閉めることになり、いったん福原有信の医薬分業の夢はとだえてしまった。
「庶民は売薬を求めている」と気付いた福原は、自身の薬物・薬業の知識を投入して5つの大衆薬を開発する。カミツレを入れた鎮静薬、サフランを利用した女性の血の道症全般の薬、「けはひ薬」として評判になったカシュウと紫雲膏を合わせた発毛薬など、漢方薬と西洋薬剤をミックスした薬は大変な人気となり、資生堂の経営は軌道に乗っていった。福原33歳のときである。

練り歯磨きや高級化粧水のヒット、化粧品の「資生堂」へ

福原有信は明治の新時代の気風にふさわしい新製品を次々と世に出していった。5つの大衆薬に続いて発売された「福原衛生歯磨石鹸」は日本初の練り歯磨き。当時普及していた粉歯磨きの約10倍の価格にもかかわらず、大ヒットした。
その2年後、高級化粧水「オイデルミン」を発売、これも大ヒットし看板商品となった。化粧品事業としての「資生堂」の第一歩「オイデルミン」の誕生である。なお、「オイデルミン」は創業140年を超えた現在も販売されているベストセラー品だ。
福原有信が学生時代に薬学を学び、調剤薬局を営んでいたことはあまり知られていないが、「資生堂」の基礎には医薬分業への野心や薬学の素養が深く関わっているのである。
 
※参考文献
『開花の人 福原有信の資生堂物語』山崎光男 著
『彼の人に学ぶ』月刊「ABC」編集部・編
『日本「創業者」列伝』別冊宝島

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト