薬剤師のスキルアップ 薬剤師のスキルアップ

病院薬剤師の仕事とは? やりがいや厳しさ、年収事情を解説 文:加藤鉄也(研修認定薬剤師、JPALSレベル6)

高度な薬学の知識を生かし、医療現場の最前線で患者さんと向き合う薬剤師

病院では医師、薬剤師、看護師、作業療法士、理学療法士など、さまざまな職種が連携しながら患者さんの治療にあたっていきます。病院薬剤師は、薬物治療に携わりつつ、チーム医療の一員として専門性の高い知識を活かせる仕事です。医療現場の最前線で活躍する病院薬剤師とはどんな仕事なのか、詳しく解説します。

1. 病院薬剤師とは

薬剤師が活躍する職場は多くありますが、そのうち病院や診療所に勤務するのが「病院薬剤師」です。調剤薬局の薬剤師は、外来の診察後に渡される院外処方箋をもってくる患者さんに対して薬を処方しますが、病院薬剤師は、同じ病院で診察を受けた患者さんに、院内処方箋に従って薬を渡しします。とくに、入院中の患者さんの薬を調剤するのは、病院薬剤師の代表的な業務といえます。

 

また、調剤薬局と大きく異なるのは、取り扱う薬剤の種類の多さです。錠剤やパップ剤、散剤や軟膏だけでなく、注射薬など剤形、種類ともに多くの薬を扱うことになります。その他、既存の医療用医薬品で対応できない場合には、病院薬剤師が薬の調合を行い、院内製剤を作成することもあります

 

勤務場所となる病院の薬剤部は、薬剤のみならず医療機器も充実しています。調剤棚、分包機などといった機器はもちろんのこと、注射調剤用のクリーンベンチや抗がん剤調剤用の安全キャビネットなど特殊な設備までさまざまな機器が用意されています。

 

 

2. 病院薬剤師の仕事内容

病院薬剤師の仕事は、通常の調剤業務に加えて、さまざまな分野に広がります。仕事内容を以下に細かく分類しますので、確認してみましょう。

 

① 調剤業務

まずは薬剤師の仕事として代表的な調剤業務。医師が処方をコンピューターで入力すると、院内処方箋が薬剤部に届き、その内容に従って調剤を行います。その際、薬剤師は処方箋の記載事項に不備がないか確認を行います。

 

具体的には薬の剤形、用法・用量、投与禁忌、相互作用、重複投与などについて処方鑑査を行い、必要に応じて疑義照会して医師に確認します。厚労省発表の疑義照会調査結果をもとに概算すると、調剤薬局での年間疑義照会処方枚数は約2000万枚以上にものぼると推計されます(※)。病院薬剤師においても同様の割合で疑義照会が起きていることが推測されます。調剤業務は、薬の知識や患者さんの情報をもとに、薬学的能力が発揮できる仕事です。

 

その後、疑義照会の有無にかかわらず、調剤された薬を再度違う薬剤師が鑑査し、患者さんに渡します。外来の場合には、薬の説明書を渡し、薬効や副作用、使用上の注意などの情報提供を行い、入院中の患者さんへは与薬カートにセットし、看護師を通して患者さんのもとに届ける手配までが調剤業務です。

 

※日本薬剤師会の平成30年度「処方箋受け取り状況の推計」(保険調剤の動向)によると、処方箋発行枚数は年間8億1228万8671枚。同薬剤師会平成27年度「全国薬局疑義照会調査報告書」によると対処方箋枚数の疑義照会の発生割合は2.56%。年度の差異を考慮に入れつつ、疑義照会処方枚数はおおよそ2000万枚以上と推計される。

 

② 注射調剤業務

注射薬は内服薬と比べて即効性が期待できるうえ、点滴などを利用して水分や栄養を補給できるといった利点が挙げられます。こうした注射薬の調剤も、病院薬剤師の仕事です。これらの薬剤は、血管中に直接薬剤が入るため、静脈炎などの副作用が発生することもあり、経口剤や外用剤などと比べてより注意深く対応する必要があります。また、刻々と変化する病状に応じて処方内容を細かく調整するため、患者さん一人ひとりに合わせて1回分ずつ調剤するといった慎重さが求められます。

 

処方鑑査では、患者さんの検査値、年齢、体重、食事や水分摂取などの状況を考慮したうえで、処方された薬の投与量、投与方法、投与速度、投与期間、配合禁忌などのチェックを行います。疑わしい点があれば、疑義照会を行い、注射薬が適正使用されるように進めます。調剤薬局では取り扱いが少ない注射薬の調剤は病院薬剤師の専門的業務のひとつといえるでしょう。

 

実際の調剤では、アンプルに入った注射薬を注射器で吸引したり、バイアルに入った固形薬剤を溶解液で溶かしたり、注射器で吸引したりします。また、連結管や輸液バッグでの薬の混合を行い、患者さんにすぐに使用できるような状態に整えることも大切です。こうした作業は、細菌汚染が起こらないように無菌調剤室やクリーンベンチの中で、慎重に行います。

 

最近では、注射薬調剤の機械化が進んでいます。パソコン上に必要な薬品を入力すると配合禁忌や相互作用などがチェックされ、その後、アンプルピッカーと呼ばれる調剤機器によってオートメーションで調剤がおこなわれる仕組みです。より慎重な対応が求められる調剤が自動化されることで、薬剤師の負担が軽減されるかもしれません。

 

 

③ 外来化学療法

がんの治療は分子標的薬や副作用の少ない化学療法剤の開発、副作用支援薬などの進歩によって、外来での対応が進んでいます。具体的な計画から実践まで、患者さんにとって有効で安全ながん治療を行うためには、薬剤師の力が欠かせません。

 

実際、外来で抗がん剤を点滴する外来化学療法室は、病院薬剤師が活躍する場のひとつです。レジメン(抗がん剤治療の計画書)チェック、処方提案、抗がん剤調製、治療薬の説明や副作用モニタリングなどを行い、患者さんが安全な環境で安心してがん治療を受けられるように深く関わっています。

 

こうした抗がん剤の調剤は特殊で、薬の毒性で調剤者自身が健康被害を受ける可能性があります。目や皮膚に触れないように注意する必要があり、取り扱いの面で専門的な知識を得たうえで慎重に調剤する必要があります。また、他の注射薬と同様に血管内に投与する薬剤が多く、無菌調剤室の中で、暴露を避ける安全キャビネットを用います。以上のような業務は、薬剤師にしかできない専門的な内容です。

 

また、がんの治療を受ける患者さんは、非常に大きな心理的不安を抱えています。心理的配慮を十分に行ったうえで、治療や薬についての説明、副作用などの相談に乗るコミュニケーションスキルも必要です。

 

④ 病棟薬剤業務(服薬指導)

入院中の患者さんへの服薬指導も病院薬剤師の仕事です。入院中の患者さんを直接訪問し、服用している内服薬や外用剤、注射薬について説明します。訪問前に患者さんのカルテや薬歴を確認し、他の病院の処方内容との重複がないか、相互作用で注意する薬剤はないかなどのチェックも行います。

 

この訪問は処方された薬の用法・用量、効き方、保管上の注意事項、副作用など必要な情報を指導したり、患者さんからの疑問や不安に答えたりする時間であり、薬物療法についての正しい理解を促し、患者さんが納得して治療を行うための大切な業務といえます。薬の効果や副作用の発現についても同時に評価し、医師や看護師と議論しながら治療方法の提案などを行うことになるでしょう。

 

特に入退院時には医師や看護師をはじめとする他職種と連携し、多くの病棟業務を行います。入院された患者さんや家族と面談し、持参薬、服用中の市販薬、健康食品などの内容を確認し、同時にアレルギー歴や副作用歴などをチェックするのも業務の一環です。他にも自宅での薬の服用状況や飲み合わせなど得られた情報を医師や看護師などに共有します。

 

退院時には、その後も適切な薬物治療が継続できるように、飲み方や服用時間、起こり得る副作用と対処法などの説明を患者さんや家族に行います。必要に応じて、かかりつけ医師や保険薬局にお薬手帳や文書などを使って、情報を共有することもあります。

 

⑤ 救命救急業務

救命救急時も、病院薬剤師の出番です。生命の危機に直面した重症患者さんが搬送されてくる現場では、高度な医療知識と迅速で正確な判断が必要です。些細なミスが患者さんの命に関わるため、患者さんの状態を確認しながら、使用する薬剤の選択や投与量、投与方法などを、薬剤師が医師へ提案し、薬の調製をします。患者さんと会話できない場合もあるため、患者さんの家族やお薬手帳から推測される併用薬や既往歴など限られた情報から推測されるリスクを回避し、適切な薬剤を提案できる知識が求められます

 

 

3. 病院薬剤師のチーム医療での役割

病院薬剤師の役割は、薬物治療だけではありません。薬や感染症、栄養、病態などの専門的な知識や経験は、さまざまな分野での活躍が期待されています。

 

① NST(Nutritional Support Team)活動

NSTとはいわゆる栄養サポートチームのこと。入院中の患者さんのなかには血清アルブミンが少なく低栄養状態になるケースや、BMIが30以上と過栄養状態になるケースがあり、細やかな栄養管理が行われます。そうした患者さんに、医師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、看護師などの各専門スタッフが連携し、最良の方法で栄養支援をするのがNSTチームの業務です。

 

病院薬剤師は、チームの一員として対象患者さんを抽出し、栄養薬剤や輸液の提案などを行います。加えて、患者さん本人やご家族への栄養薬剤の説明や副作用の確認、栄養輸液や混合輸液の投与方法の管理などを担当します。

 

② ICT(Infection Control Team)活動

感染対策を行うICTは、さまざまな感染症の発生や拡散を防止し、患者さんやご家族、職員を守るための感染対策チームです。感染症の発生状況や、院内検出病原体や抗菌剤の使用状況などの情報を共有します。また、病院内で手順通りに感染症対策が実施されているか、月1回程度のラウンドを行い、適切な運営を管理する活動をします。

 

また、感染症に関する教育や感染対策マニュアルの作成を行ったり、院内感染を防止するのはもちろんのこと、地域での感染症対策の啓蒙のための説明会を開催したりすることもあるでしょう。こうしたチームのなかで、病院薬剤師は、抗菌薬の適正使用を促すための疑義照会や病院全体での教育を実施します。抗菌薬の有効性を確保しつつ、耐性菌出現を防止するためのチェックや、病原菌に対して適切な消毒薬が使用されているかを確認するなど、重要な役割を担っています。

 

③ 緩和ケアチーム

主にがん患者さんが抱える痛みを和らげ、負担を減らすために連携するのが緩和ケアチームです。他職種と連携しながら、痛みによる身体的な負担の軽減はもとより、心理的、社会的、スピリチュアルな苦痛までの評価を行いながら、投薬や処置、身体ケア、精神面でのフォローなどに取り組みます。病院薬剤師は、医療用麻薬や消炎鎮痛剤、抗不安薬などの処方提案や、使用方法の説明などを担います。

 

④ 褥瘡対策チーム

入院中の患者さんは寝たきりの状態になることが多く、褥瘡(床ずれ)が問題となります。褥瘡は多種の要因が絡み合った疾患であり、褥瘡予防や治癒には複数の職種が関わりながら対策をたてることが大切です。そうしたなかで病院薬剤師は、皮膚外用剤やドレッシング剤が適正に使用されるように、実践や教育を行います

 

⑤ 治験業務

治験(薬を国に申請する際に必要なデータを得るための臨床試験)にも、病院薬剤師が関わります。試験はヒトを対象としているため病院で実施されるもので、医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令(Good Clinical Practice:GCP)のもとで行われ、倫理的で科学的な試験が適正に実施できるように規制されています。

 

薬剤師は院内で治験を実施するチームの一員に加わります。治験は治験依頼者(多くは製薬企業)によって作成された治験実施計画書(プロトコル)に従って行われます。治験薬を適正に管理したり、薬が計画書通りに投与されているかなどを確認したりするのが主な業務です。

 

治験で開発している薬は、多くの場合、既存の治療薬では解決できない病気の治療に用いられます。最先端の薬物治療の開発に携われることは薬の専門家としてやりがいを感じるのではないでしょうか。

 

4. 病院薬剤師のやりがい

上述したように、病院薬剤師はさまざまな院内業務に携わります。業務全体を通してどのようなやりがいを感じることができるでしょうか。

 

・ 患者さんのケアに深く携われる

一般的な調剤薬局の服薬指導では、患者さんとの会話と処方薬から疾患を推測する場合がほとんどです。一方、病院薬剤師は医師に処方意図を直接聞けたり、カルテで治療方針や病状や検査結果を確認できたりします。そのため、患者さんの疾患や病状について深く理解したうえで、ケアに関われるという大きなやりがいがあります。医学的に、より深く患者さんの状態を知ったうえで、薬物治療に携われるのが魅力です。

 

・ チーム医療に携われる

病院薬剤師は、ICTや緩和ケアチームなど、他職種と連携しながら薬剤師の専門性を発揮できる機会が多くあります。チームのなかで医師、看護師や理学療法士と関わり、それぞれの職種の役割や専門性などを学べるのも魅力でしょう。チーム内で力を発揮するにはお互いの専門性を尊重しつつ、自身の専門分野にに
ついて責任を持って解決していくことが重要です。チームとしての活動によって、コミュニケーション能力の向上も期待できます。

 

病院によっては、チームに関わらず、多職種での症例カンファレンスが行われているところもあり、治療方針についてそれぞれの立場から意見を交わす時間があります。治療についていろんな視点の意見から学ぶことも多く、薬剤師としてのスキルアップにつながるでしょう。

 

・ 薬剤や治療の知識が身につく

病院で使用される薬剤は多岐にわたり、調剤薬局では扱わない注射薬や抗がん剤を取り扱います。多くの薬剤の知識を吸収でき、かつ最新の治療薬を取り扱う機会が多いのも、やりがいのひとつです。通常外来ではあまり見かけない疾患の知識や、各疾患の薬物療法以外の治療法、ケアの方法なども勉強できます。

 

・ 最先端の医療現場で活躍できる

日進月歩で増えていく新薬を、臨床現場で使用できる機会が多いのも病院薬剤師の特徴です。新薬の情報を集めて医師へ情報提供を行うこともあり、受け身になりがちな調剤薬局に比べて、主導権をもって薬物療法に携われることも、やりがいとなるでしょう。

 

また、治験業務では医薬品の開発段階に携わったり、新薬を実際に服用している患者さんに薬効や副作用をモニタリングできたりするといった仕事もあり、最先端の医療現場に立てるのも病院薬剤師のメリットです。

 

 

5. 病院薬剤師の厳しさ

多岐にわたる業務を担当し、やりがいも多い病院勤務ですが、その一方で難しさや厳しさもあります。

 

・ 夜勤がある

入院施設のある病院では、薬剤師にも夜勤があります。夜間の救急患者さんや緊急入院となった患者さんの調剤を行う必要があるからです。また、入院患者さんの容態が急変した場合など臨時処方にも対応します。常勤する薬剤師の人数が少ないと、頻繁に夜勤の当番がまわってくることもあり、他の薬剤師のサポートがない夜間に一人で対応する状況では、肉体的にはもちろん、精神的にも負担が大きくなります。

 

ただし、勤務体制は各病院で異なります。例えば、夜勤者が毎日出勤している施設もあれば、帰宅後でも緊急事態に応じられるように待機している状態(オンコール体制)をとっている施設もあります。体力的な負担が大きい反面、夜勤手当や時間外手当がつくので、給与面ではメリットを感じる人もいるでしょう。

 

・ 退院した患者さんとのコミュニケーションが減る

病院薬剤師は病棟で服薬管理指導などを行いますが、患者さんが退院した段階で関わりが終了してしまうことがほとんどです。基本的に薬剤部での仕事がメインであり、外来の患者さんのフォローアップをする機会はあまりありません。外来の患者さんや退院後の患者さんと直接会話する機会は、調剤薬局やドラッグストアの薬剤師に比べて少ないでしょう。

 

医療情報については薬局にくらべて豊富ですが、患者さんの生活環境や嗜好も考慮したケアをしたい人にとっては、望む業務ができない可能性もあります。

 

6. 病院薬剤師の年収

現役薬剤師さん500人に聞いたマイナビ薬剤師の調査によると、病院薬剤師の平均年収は434.6万円。調剤薬局勤務では平均年収は488.3万円で、ドラッグストアは512.5万円となっており、他の業種と比べて病院薬剤師の年収は低い傾向にあります。

 

ただし、あくまでも平均であり、給与は地域や自身のスキルや経験によって左右されます。また、公務員扱いとなる公立病院では、民間病院に比べて年収水準が高い傾向にあります。公立病院勤務の場合、昇給の機会が多く、勤続年数に比例して年収が増加する傾向があるためです。

 

7. 病院薬剤師の魅力

取り扱う医薬品の多様さや閲覧できる患者さんの医療情報の多さなど、調剤薬局やドラッグストアでは経験できないような、医療現場の最前線で活躍できることが病院薬剤師の特徴です。医師や看護師など他職種と議論を交わしながら、患者さんのケアに臨むことで、薬学以外の知見を学ぶこともできるでしょう。薬剤師としての専門性を磨き、幅広く医療の知識を得ながら患者さんケアに貢献したい薬剤師にとって、病院薬剤師は魅力的な仕事のひとつです。


執筆/加藤鉄也

薬剤師。研修認定薬剤師。JPALSレベル6。2児の父。
大学院卒業後、製薬会社の海外臨床開発業務に従事。その後、調剤薬局薬剤師として働き、現在は株式会社オーエスで薬剤師として勤務。小児、循環器、糖尿病、がんなどの幅広い領域の薬物治療に携わる。医療や薬など薬剤師として気になるトピックについて記事を執筆。趣味は子育てとペットのポメラニアン、ハムスターと遊ぶこと。

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト