医療費

「ソバルディ」に公費助成‐C肝患者負担は3~8万円

薬+読 編集部からのコメント

2015年5月15日の本欄でお伝えしたソバルディの薬価についての続報です。厚生労働省がリバビリンとの併用療法を医療費助成の対象とすることを決定し、12週間の治療期間で患者負担は最大でも8万円程度で済む見通しと伝えられています。

厚生労働省は、C型慢性肝炎に対するソホスブビル(製品名:ソバルディ)とリバビリンとの併用療法を、医療費助成の対象とすることを決めた。インターフェロンを必要としないソバルディ併用療法に対し、治療期間の12週間まで1人1回のみ医療費を助成する。これにより、患者負担は最大でも8万円程度で済む見通し。18日に開いた肝炎治療戦略会議で了承された。

 

ソバルディは、リバビリンとの併用により、ウイルス血症を改善するC型慢性肝炎治療薬。きょう20日付で薬価収載、保険適用となる。400mg錠が1錠6万1799円、3カ月の内服で薬剤費が約550万円かかるが、医療費助成により、患者負担は月1~2万円程度で済むことになる。

 

医療費助成の対象となるのは、肝癌を合併していないジェノタイプ2型のC型慢性肝炎またはC型代償性肝硬変で、インターフェロンフリー治療に対する助成回数は、患者1人当たり1回とされた。同療法の助成対象となる治療期間は、ソバルディの用法・用量である12週間とされた。

 

医療費助成は、患者の世帯の住民税額が年間23万5000円未満の場合は、1カ月の自己負担限度額を原則1万円、住民税額が年間23万5000円以上の場合は、原則2万円に軽減するというもの。ソバルディによる治療は、保険適用で3割負担としても、治療期間である3カ月の薬剤費だけで約180万円程度掛かるが、今回の医療費助成により、所得の高い患者でも最大で8万円程度、所得の低い患者では3万円程度の自己負担で済む。

 

厚労省は、2014年度補正予算で「インターフェロンフリー治療特別促進事業」の費用として35億円、15年度予算で「肝炎治療促進のための環境整備」として、C型肝炎患者の医療費自己負担を軽減するための費用に86億円を計上しているが、ソバルディ併用療法への医療費助成は、14年度補正予算の繰り越しにより対応するとしている。

 

現在、C型肝炎ウイルスに感染しているにもかかわらず、医療機関を受診していない患者が非常に多いといわれている。ソバルディによる治療は1日1回、3カ月の経口投与で済むため、 インターフェロン治療を足踏みしていた患者には朗報になる。

  • 薬剤師のための休日転職相談会
  • 薬剤師の転職・求人・募集はマイナビ薬剤師/5年連続満足度NO.1

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト

出典:薬事日報

ページトップへ