ランキング

薬剤師都道府県年収1位は奈良県|マイナビ薬剤師の決定年収より高い?低い?

2018年の 薬剤師全国年収ランキング1位は奈良の777万。最下位三重との差は339万!マイナビ薬剤師で転職した人の年収と比較しながら、都道府県別の薬剤師年収を分析してみました。

COLUMN

お金、仕事、転職、結婚etc.気になる〇〇をリサーチ 薬剤師ランキング調査隊!

お金、仕事、転職、結婚etc.気になる〇〇をリサーチ 薬剤師ランキング調査隊!

薬剤師都道府県年収1位は奈良県|マイナビ薬剤師の決定年収より高い?低い?

都道府県によって年収はどのくらい差があるの? 一番年収が高いのはどの県? 調査レポートから薬剤師にとって気になる現象を調査する本コラム。
連載第1回は、薬剤師の年収について都道府県別に調査。薬剤師の給料や時給は地域によって差があるのか確認してみましょう。

INDEX

◆2018年都道府県別 薬剤師年収ランキング

厚生労働省の賃金構造基本統計調査(平成29年度)の結果をもとに、都道府県別に薬剤師の年収を計算し、ランキング表にまとめました。

全国1位は奈良県の777万円で、2位は静岡県の685万円、3位は青森県の671万円、最下位は三重県で438万円でした。
ちなみに、ボーナスが一番高いのは富山県の138万円でした。

►薬剤師年収全国平均は544万 1位は奈良777万

  都道府県 年収(万円) 給与(万円) 年間賞与(万円)
  全国平均 544 38.8 77.9
1位 奈良 777 59.4 64
2位 静岡 685 48.2 106
3位 青森 671 46.7 110.6
4位 栃木 656 44.3 123.6
5位 島根 648 43.8 123.2
6位 鹿児島 627 46.5 69.8
7位 愛媛 624 41.8 121.8
8位 広島 593 39.1 124.1
9位 兵庫 575 40.1 93.3
10位 東京 571 40.7 82.6

►11位~6位まで 注目は富山の高額ボーナス

  都道府県 年収(万円) 給与(万円) 年間賞与(万円)
11位 大分 570 38.7 105.5
12位 山口 560 36.8 118.6
13位 群馬 549 39.6 74.3
14位 秋田 548 36.3 113
15位 長野 545 37.8 91.5
16位 高知 544 35.3 120.3
17位 長崎 537 38.7 72.5
18位 福井 535 35 114.5
19位 埼玉 534 40 54.4
20位 神奈川 533 38.7 69.3
21位 愛知 533 38.2 74.7
22位 福岡 532 38 76.4
23位 岐阜 531 38.8 65.6
24位 和歌山 531 38.9 64.6
25位 福島 530 36.8 87.6
26位 茨城 524 36.8 82.5
27位 岩手 522 39.2 51.6
28位 千葉 519 38.4 58.2
29位 佐賀 519 37.9 64.3
30位 北海道 518 36.4 81.4
31位 熊本 513 36.4 76.7
32位 香川 511 36.5 72.4
33位 大阪 510 35.5 83.8
34位 山梨 510 39.3 37.7
35位 沖縄 507 38.4 46.7
36位 富山 503 30.4 138.4
37位 鳥取 500 33 103.9

►ワースト10 最下位は三重の438万円

  都道府県 年収(万円) 給与(万円) 年間賞与(万円)
38位 山形 498 31.6 118.4
39位 岡山 492 33.2 93.2
40位 宮崎 490 37.2 44.2
41位 滋賀 487 34.2 77
42位 京都 484 35.5 58.7
43位 新潟 481 32.8 87.7
44位 徳島 479 34.1 69.6
45位 石川 478 30.9 106.6
46位 宮城 471 31.4 93.9
47位 三重 438 31.5 59.3

※表出典/厚生労働省の賃金構造基本統計調査(平成29年度)より。年収は「きまって支給する現金給与額(月給)」と、「年間賞与その他特別給与額(年間賞与)」をもとに計算。

◆薬剤師の年収が都道府県で異なる理由①残業代

都道府県別の薬剤師の年収ランキングは、1位が「奈良県」の約777万円、2位が「静岡県」の約685万円、3位が「青森県」の671万円でした。全国平均が約544万円ですので、これを大きく上回っています。一方、少なかったのは「石川県」の約478万円、「宮城県」の約471 万円、「三重県」の約438万円などでした。

データを見る限り、薬剤師の年収は、多い都道府県と少ない都道府県で約300万円の開きがありました。これについてはサンプルに違いがあるため、単純に比較はできませんが、地域によって年収に大きな差が出ているようです。

その要因の一つと考えられるのは、1カ月当たりの残業時間です。
年収が上位にランクインした都道府県の1カ月当たりの残業時間は、奈良県が16時間、静岡県が24時間、青森県が12時間と、全国平均の10時間を上回っています。ただし、三重県は1カ月当たりの残業時間は15時間と、全国平均を上回っていますが、年収は最下位。必ずしも残業時間だけの要因ではなさそうです。

◆薬剤師の年収が都道府県で異なる理由②薬剤師人口

都道府県別のデータを見ると、人口10万人当たりの届出薬剤師数が最も多かったのは「東京都」の358.3人、最も少なかったのは「沖縄県」の150.9人で、多い都道府県と少ない都道府県で約2倍の差がありました。

青森県は人口10万人当たりの登録薬剤師の数が全国平均を大きく下回り、沖縄県に次いで少なくなっています。そのため、青森県の薬剤師は、薬剤師不足により他の都道府県よりも良い条件で働いていると考えることができそうです。

◆マイナビ薬剤師で転職した人の都道府県別年収を比較

マイナビ薬剤師で転職をした人の決定年収をいくつかピックアップしてみると、全国データほどの開きはありませんでしたが、青森県が高い傾向にありました。

マイナビ薬剤師で転職した薬剤師の年収(抜粋)

青森県 643万
奈良県 502万
東京都 496万
静岡県 503万
三重県 486万

(2018年マイナビ薬剤師調べ)

年収が高い都道府県の理由を考えてみると…

・薬剤師の需要に対して薬剤師数が不足している
・個人薬局の割合が高く、経営者比率が高く年収が高い
・1店舗あたりの薬剤師が少なく、薬剤師の管理職割合が高い
・正社員比率が高い
・診療報酬が高い在宅医療が普及しているエリア

などの理由が挙げられますが、全国版のデータほど年収の開きは見られませんでした。

年収の1位と最下位では200万円以上の開きがあり、首都圏が高いわけではありません。転職で年収アップを目指すなら、都道府県別年収ランキングもひとつの目安となるでしょう。
マイナビ薬剤師では、県外への転職成功事例も多数あります。現在の給与に不満を感じているなら、一度キャリアドバイザーに相談してみませんか?

取材・文/斉藤勇(ファイナンシャルプランナー)・薬読編集部

薬剤師の給与明細・年収についての記事を読んでみる Click↓

薬剤師300人に聞いた年収の本音

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト