薬剤師のスキルアップ 薬剤師のスキルアップ

公務員薬剤師の仕事内容とは? 種類とメリット・デメリット 文:加藤鉄也(研修認定薬剤師、JPALSレベル6)

薬事監視員、自衛隊薬剤師、麻薬取締官……ちょっと特殊な薬剤師の仕事

薬剤師が「公務員」として働くキャリアがあることを知っていますか? 一般にはあまり知られていませんが、官公庁や地方自治体の行政面から医療衛生を支える重要な役割を担っています。本記事では専門的で個性的な公務員薬剤師の種類と仕事内容、メリット・デメリットをお伝えします。

1. 公務員薬剤師の種類と仕事内容

「公務員薬剤師」と一言で言っても、従事する業務は多岐にわたります。代表的な公務員薬剤師の例として、行政や保健業務に携わる「薬事監視員」「食品衛生監視員」「環境衛生監視員」、また防衛省の衛生分野に関わる「自衛隊薬剤師」、市立・県立病院の「病院薬剤師」、違法薬物取締に尽力する「麻薬取締官」などがあります。それぞれの職種の特徴を紹介します。

 

1-1. 薬事監視員

薬事監視員は、県や地方政令指定都市の薬務課や各地の保健所に勤務する地方公務員です。保険薬局やドラッグストア、医薬品製造業などの医薬関連業者を対象に、薬機法などの法令違反がないかを監視し、改善点があれば指導するのが主な業務です。

 
薬事監視員は地方厚生局の指導監査課で働く国家公務員である場合もあります。業務は保険医療機関の登録や麻薬取扱医療機関申請、診療報酬に関わる申請業務のほか、不正請求が疑われた場合などに監査、行政指導等を行うことです。

 
「薬事監視員」や、のちに紹介する「食品衛生監視員」「環境衛生監視員」は、地方公務員として従事する場合と国家公務員として従事する2つのケースがあります。これらの職種に就くためには、薬剤師の国家試験に合格したうえで、国家公務員試験または地方公務員の試験に合格する必要があります。まれに薬剤師免許をもたない国家公務員や地方公務員が選出されることがありますが、ほとんどの薬剤監視員は薬剤師資格を取得しているため、薬剤師資格は取得しておいたほうが有利だと考えられます。

 

1-2. 食品衛生監視員

食品衛生監視員の代表的な業務は、飲食店や飲食販売・製造業者等を対象に食品、医薬品、飲料水などの検査や調査を行い、適切な食品の衛生管理方法等を指導することです。地方公務員の場合、具体的な業務内容は自治体によって異なりますが、保健所や健康安全研究センター、食品衛生検査所等に勤務することが多いようです。

 
国家公務員の場合は厚生労働省に所属し、全国の主要な海・空港の検疫所で勤務します。輸入食品の安全監視や指導、輸入食品等に係る理化学、微生物学検査というような輸入食品を対象とした仕事という特徴があります。さらに、検疫感染症の国内への侵入を防止するという重要な役割を担います。

 

1-3. 環境衛生監視員

環境衛生監視員の主な仕事は、理容室・美容室やクリーニング工場、旅館などの衛生状況を指導し、監視することです。自治体によっては薬学専門職の人材をまとめて採用したのち、配属時に薬事監視員、食品衛生監視員、環境衛生監視員のいずれかの職種に振り分けるケースもあります。このような場合、自身が希望する職種に就けない可能性があるため、各自治体の採用情報をあらかじめ確認しておくことをおすすめします。

 

1-4. 市立・県立病院の薬剤師

市立病院や県立病院に勤務する薬剤師は、病院薬剤師でありながら地方公務員でもあるという特殊な立ち位置です。求人の募集は市役所や病院ごとに行われています。

 
市立・県立病院の薬剤師は、公務員薬剤師の中では患者さんと直接接することができる貴重な職種です。病院薬剤師としてキャリアを研鑽できるうえ、勤務先の福利厚生や退職金制度等が充実しているというメリットがあります。一般的に病院薬剤師は、薬局薬剤師やドラッグストア薬剤師、製薬企業に勤務する薬剤師に比べて給与水準が低めという傾向があるため、充実した福利厚生が受けられる勤務環境は恵まれているといえます。

 
ただし、地方公務員に異動はつきもの。職場によっては薬事監視員や食品衛生監視員などの行政指導業務に異動となる場合もあるので、注意が必要です。

▼病院薬剤師のやりがいとは?

1-5. 自衛隊薬剤師

自衛隊薬剤師は国家公務員(特別職)であり、防衛省の職員として勤務します。調剤業務や医薬品の管理や調達といった一般的な薬剤師業務の他、雑務等も行います。欠員が出た場合などに、不定期で防衛省から求人が公表されることがあります。

 
また、自衛隊の衛生分野(自衛隊病院や部隊勤務)で医療衛生業務に従事する「薬剤官」となることを見据えた「薬剤科幹部候補生」へと進むコースもあります。幹部候補生の募集は陸上・海上・航空それぞれの隊において実施されています。筆記試験や口述試験、身体検査等の試験があり、合格・採用後は幹部候補生として一定期間の教育を受け、幹部自衛官となります。

 
自衛隊幹部候補生募集ページによると、薬剤科の月給は大卒・大学院卒ともに246,100円(2019年1月1日現在)。勤務内容に応じて、住居手当、航空(航海)手当、地域手当等各種手当の支給があり、駐屯地に在住して勤務する場合は生活費が軽減されると考えられます。

 

1-6. 麻薬取締官

麻薬取締官は、違法薬物に関する犯罪取締や教育を行う仕事です。厚生労働省に所属する国家公務員ですが、刑事訴訟法に基づく特別司法警察員として、捜査権限が与えられています。

 
全国の厚生局にある麻薬取締部で勤務するケースが多く、具体的には、禁止薬物の不正売買ルートの取締、麻薬等取扱業者の許認可、医療用麻薬等の適正な流通の指導・監督、中毒者対策の社会復帰の支援、薬物乱用防止のため正しい知識の普及、啓蒙広報活動などといった業務に従事します。危険を伴う職務であることから、逮捕術等の訓練を受けるほか、都道府県警察や麻薬取締員と連携して仕事を行うといった特徴もあります。

 
麻薬取締官になるには、厚生労働省が実施する麻薬取締部の採用試験に合格する必要があります。薬剤師資格取得していること、あるいは国家公務員採用一般職試験の第1次試験の合格者であることなどが応募条件となっているため、応募する前に募集要項を入念に確認しましょう。

2. 公務員薬剤師のメリットとデメリット

公務員薬剤師として働く最大のメリットは雇用の安定でしょう。民間企業では、日本の景気動向や勤務先の経営状態次第で倒産のリスクもゼロではありません。その点、公務員薬剤師の勤務先は地方自治体や官公庁がメインですから、突然解雇されるといった心配はまずないといえます。

 
また給与や賞与等の待遇面の安定性も注目すべきポイントです。20代などの若手薬剤師は民間のドラッグストアなどと比較をすると給与面に物足りなさを感じることがあるかもしれませんが、40代以降の昇給率や退職金等も考慮に入れると民間企業に引けをとらない水準の生涯年収を得ることができます。また福利厚生の面でも恵まれた勤務環境下で仕事に従事できるという魅力もあります。

神奈川県職員の採用情報によると、地方公務員の給与はおおよそ23万円と推測されます(平成31年4月採用時)。民間の製薬企業などと比較をするとやや低水準に感じるかもしれませんが、この他に「職務経歴等のある場合は一定の基準で加算」「民間企業のボーナスに相当する期末・勤勉手当」「職員の家族状況や勤務形態により、扶養手当、住居手当、通勤手当、時間外手当」等が支給されるとされていることから待遇面で恵まれていると考えられます。

▼全国の薬剤師・年収事情をチェックする

一方で、公務員薬剤師は副業が原則禁止というデメリットもあります。副業が解禁されている民間企業の場合は、例えば子育てをしながら都合の良い時間帯にアルバイトやパートを複数かけもちするという柔軟な働き方ができます。フリーランス薬剤師として複数の職場で勤務しながら稼ぐことも可能です。このような働き方をしたいと考える薬剤師にとっては、公務員薬剤師の働き方は制約されていると感じるかもしれません。

 
また、市立・県立病院の薬剤師を除き、公務員薬剤師は患者さんと直接コミュニケーションをとる機会が少ないため、「患者さんとたくさん接したい」「地域医療に密接に関わりたい」という希望をもつ薬剤師のキャリアイメージからは乖離するかもしれません。一方で「行政に関わって、体制や仕組み作りから地域医療に貢献したい」という薬剤師にとっては公務員薬剤師の業務内容を魅力的に感じられる可能性が高いといえます。

 

3. 公務員薬剤師に応募する際の注意点

公務員薬剤師は、一般的な調剤薬局勤務では経験できないような専門性の高い業務に携わることができます。調剤業務のみならず、保険調剤の適正運用や違法薬物取締、保健指導などといったより広い視野で薬剤師としての知識を生かせるという魅力があります。

 
ただし、地方公務員試験、国家公務員試験には年齢制限が設定されているケースがほとんどですから注意が必要です。例えば国家公務員の受験時の上限年齢は30歳に設定されているケースが多く、地方公務員の上限年齢は20代後半~30代半ばなど自治体によってさまざまです。

 
とはいえ、職種や勤務先によっては地方公務員または国家公務員の試験合格は必須条件でなく薬剤師資格のみで応募可能なケースもあります。興味のある職種を見つけたらまずは応募要件を確認し、キャリア選択のひとつとして検討しましょう。

▼薬剤師になるにはどんな準備が必要?


執筆/加藤鉄也

薬剤師。研修認定薬剤師。JPALSレベル6。2児の父。
大学院卒業後、製薬会社の海外臨床開発業務に従事。その後、調剤薬局薬剤師として働き、現在は株式会社オーエスで薬剤師として勤務。小児、循環器、糖尿病、がんなどの幅広い領域の薬物治療に携わる。医療や薬など薬剤師として気になるトピックについて記事を執筆。趣味は子育てとペットのポメラニアン、ハムスターと遊ぶこと。

<PR>満足度NO.1 薬剤師の転職サイト